グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  公益財団法人 旭硝子財団

公益財団法人 旭硝子財団


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017 年度募集・2018 年度採択
自然科学系「研究奨励」応募要項

1. 研究助成の目的
 旭硝子財団は、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究への助成事業を通じて、人類が真の豊
 かさを享受できる社会および文明の創造に寄与します。財団には4 つの国内研究助成プログラムがあり
 ます。自然科学系の「研究奨励」プログラムは、若手研究者による基礎的・萌芽的な研究を支援すると
 ともに、助成期間終了後には継続型グラントへの応募機会を提供いたします。

2. 応募要件
 1. 所属機関:主たる勤務先が国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校
      (但し大学附属病院専従の方は対象外です)
 2. 職位:上記の機関に所属し、主体的に研究を進めている原則常勤の研究者
  ・任期付研究者の場合には、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用
   が見込まれること
  ・職務専念義務上、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと
 3. 機関承認:財団からの寄附金を所属機関が研究費として管理する前提のもとに、所属長が応募を
  承認していること
 4. 年齢:1972 年1 月1 日以降生まれであること
 5. 助成および応募の重複:応募時点で財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに財団に
  対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと

3. 助成対象研究分野
 以下の3分野について助成を行います。各分野の具体的な研究領域は、次ページに示します。
第1分野 化学・生命科学系の研究で、物質・材料、生命・生物に関わる研究、および
これらに関係の深い研究
第2分野 物理・情報系の研究で、材料・デバイス・システム、情報・制御ならびに設
計・生産の基礎に関わる研究、およびこれらに関係の深い研究
第3分野 建築・都市工学系の研究で、人間生活の歴史と現状、将来を視野に置いた
建築・都市空間に関わる研究
4. 採択数
 第1~第3 分野の合計として、約60 件の予定です。

5. 2017 年度に募集する研究領域
分野 研究領域
第1分野
(化学・生命科学)
a 機能物質や材料の設計・合成・評価
b 精密合成手法の開拓
c ナノレベルの構造制御と機能発現
d 環境・エネルギー関連材料・プロセスの開発
e 生理活性物質、バイオメディカル材料・デバイス・システム・バイオセンサー
f 生物機能を活用した物質生産とエネルギー生産
g 生物間相互作用に基づく生命現象の分子・原子レベルでの解明
h 異分野融合型の化学・生命科学研究
(例えば、理工学・医学・計算科学・人工知能・環境科学・人文社会科学との
 融合型研究など)
i 化学・生命科学研究を加速する計測科学と新技術の開発
j 分子・物質・材料系の領域で、申請者が提案するテーマ
第2分野
(物理・情報)
k エネルギー新技術・新デバイス
l 半導体、スピントロニクス、フォトニクス
m 量子技術の物理と応用
n 新機能材料、デバイスをめざす新現象
o マイクロ・ナノ化による新機能・新システム、MEMS・NEMS
p センシング技術、計測技術、IoT、知能システム
q 自然・社会・知能の数理モデリングとコンピューティング
r 集積回路の設計・製造基礎・実装技術
s 物理・情報系または異分野との融合領域で、申請者が提案するテーマ
第3分野
(建築・都市工学)
t 地域社会の活力を担う都市・建築
u 都市・建築のストックを良質なものにするための計画・技術
v サステイナブルな社会を構築するための都市・建築の計画・技術
w 安全・安心を支える都市・建築
6. 助成額と研究期間、助成金の振込時期
 1 件あたりの助成申請額の上限は、第 1・第 2 分野の場合には 200 万円、第 3 分野の場合には実験研究
 は 200 万円、調査研究は 150 万円とします。研究期間は 2018 年 4 月から 1 年間または 2 年間です。但
 し、研究期間に拘わらず、助成金は2018 年5-6 月に一括して振込む予定です。
 ※採択にあたり、財団は予算の減額調整を行うことがあります。

7. 応募方法 財団のホームページ経由で以下の手順にて行ってください。
 1. 申込書(所属長の捺印を要します)
 2. 申請書
 ※財団ホームページからWORDの書式をダウンロードして、PDF変換の上、アップロードしてください。
 申請書は英文で記入してもかまいませんが、1 ページ目は日本語で記入してください。
 3. 論文別刷(2012 年以降に発表したもの1 件をアップロードしてください)
 4. 応募受付期間 2017 年7 月31 日(月)~2017 年9 月8 日(金)※学内締切:2017年8月25日(金)
 5. アップロード 上記の期間中、ホームページの右側下にある「ファイル送付」ボタンをクリックし、「研
  究助成 電子申請ページ」から申請してください。申請方法の詳細については当該ホームページに記載
  されています。申請書一式を受領した旨、財団から自動返信メールを送ります。また、申請内容を
  確認し、締切後3 週間以内に受理通知メールを送ります。
 ※ 申請書一式(上記の1.~3.)は財団において管理し、研究助成の目的以外には使用いたしません。

8. 選考日程と採否通知
   応募受付期間 :2017 年7 月31 日(月)~2017 年9 月8 日(金)
       選考 :2018 年2 月中旬頃までに、採択予定者には内定通知メールを送ります(採
          択内定者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
  理事会での承認 :2018 年4 月上旬の予定
     採否通知 :2018 年4 月中旬頃までに全申請者に採否を通知します
 ※ 採否通知発送までの期間において、個別のご照会には回答いたしかねますので、ご了承ください。

2017 年度募集・2018 年度採択
人文・社会科学系「研究奨励」応募要項

1. 研究助成の目的
 旭硝子財団は、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究への助成事業を通じて、人類が真の豊
 かさを享受できる社会および文明の創造に寄与します。財団には4 つの国内研究助成プログラムがあり
 ます。人文・社会科学系の「研究奨励」プログラムでは、若手研究者による実態調査・事例研究・実証
 研究・政策提案・モデル提示など、現実社会に具体的な貢献を目指した研究を支援します。助成期間
 終了後には継続型グラントへの応募機会を提供いたします。

2. 応募要件
 1. 所属機関:主たる勤務先が国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校
       (但し大学附属病院専従の方は対象外です)
 2. 職位:上記の機関に所属し、主体的に研究を進めている原則常勤の研究者
  ・任期付研究者の場合には、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用
   が見込まれること
  ・職務専念義務上、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと
 3. 機関承認:財団からの寄附金を所属機関が研究費として管理する前提のもとに、所属長が応募を
  承認していること
 4. 年齢:1972 年1 月1 日以降生まれであること
 5. 助成および応募の重複:応募時点で財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに財団に
  対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと

3. 助成対象研究
 この研究助成プログラムでは、持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究を助成対象とし
 ます。助成テーマは次ページに例示します。

4. 採択数
 約5 件の予定です。

5. 助成テーマ
 下表の例示をご参照ください。
a. 環境と両立する経済社会の形成に関する研究
b. 環境汚染・自然破壊・自然災害などが人間社会にもたらす諸問題に関する研究
c. 持続可能なコミュニティ形成や国際協力に関する研究
d. 持続可能な社会を担うアクター(市民・NPO/NGO・企業・自治体等)に関する研究
e. 人口減少社会のビジョン構築に関する研究
f. 社会的平等を実現するシステム・政策に関する研究
g. その他、持続可能な社会の実現に向けて、申請者が上記の諸テーマにとらわれずに提案する研究
6. 助成額と研究期間、助成金の振込時期
 1 件あたりの助成額申請の上限は100 万円とします。研究期間は2018 年4 月から1 年間または2 年間で
 す。但し、研究期間に拘わらず、助成金は2018 年5-6 月に一括して振込む予定です。
 ※採択にあたり、財団は予算の減額調整を行うことがあります。

7. 応募方法 財団のホームページ経由で以下の手順にて行ってください。
 1. 申込書(所属長の捺印を要します)
 2. 申請書
 ※財団ホームページからWORDの書式をダウンロードして、PDFに変換の上、アップロードしてください。
 申請書は英文で記入してもかまいませんが、1 ページ目は日本語で記入してください。
 3. 論文別刷(2012 年以降に発表したもの1 件をアップロードしてください)
 4. 応募受付期間 2017 年7 月31 日(月)~2017 年9 月22 日(金)※学内締切:2017年9月8日(金)
 5. アップロード 上記の期間中、ホームページの右側下にある「ファイル送付」ボタンをクリックし、「研
  究助成 電子申請ページ」から申請してください。申請方法の詳細については当該ホームページに記載
  されています。申請書一式を受領した旨、財団から自動返信メールを送ります。また、申請内容を
  確認し、締切後2 週間以内に受理通知メールを送ります。
 ※ 申請書一式(上記の1.~3.)は財団において管理し、研究助成の目的以外には使用いたしません。

8. 選考日程と採否通知
  応募受付期間 :2017 年7 月31 日(月)~2017 年9 月22 日(金)
      選考 :2018 年 2 月中旬までに、採択予定者には内定通知メールを送ります(採
         択内定者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
 理事会での承認 :2018 年4 月上旬
    採否通知 :2018 年4 月中旬までに全申請者に採否を通知します
 ※ 採否通知発送までの期間において、個別のご照会には回答いたしかねますので、ご了承ください。

2017 年度募集・2018 年度採択
「環境フィールド研究 近藤記念グラント」応募要項

1. 研究助成の目的
 旭硝子財団は、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究への助成事業を通じて、人類が真の豊か
 さを享受できる社会および文明の創造に寄与します。財団には 4 つの国内研究助成プログラムがあり、
 「環境フィールド研究 近藤記念グラント」は、1992 年に始まった財団の地球環境国際賞「ブループラ
 ネット賞」の創設に大きな役割を果たされた故近藤次郎東京大学名誉教授のお名前を戴いた環境研究助成
 プログラムです。自然と人との良好な関係の維持・構築に資する、フィールド調査を中心とする、個人ま
 たはチーム研究を助成します。

2. 応募要件 (チーム研究の場合は申請代表者に適用される要件)
 1. 所属機関:主たる勤務先が国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校
       (但し大学附属病院専従の方は対象外です)
 2. 職位:上記の機関に所属し、主体的に研究を進めている原則常勤の研究者
 ・任期付研究者の場合には、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用
  が見込まれること
 ・職務専念義務上、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと
 3. 機関承認:財団からの寄附金を所属機関が研究費として管理する前提のもとに、所属長が応募を
  承認していること
 4. 年齢:1957 年1 月1 日以降生まれであること
 5. 助成および応募の重複:応募時点で財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに財団に
  対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと
 6. チーム研究の場合には、申請代表者自身も現地調査をする研究計画であること

3. 助成対象分野
 生物多様性・生態系の基礎研究及び絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む保全・再生や持続的利用など
 に関する研究分野を助成対象とします。フィールド調査の対象地域は日本ならびに周辺のアジア地域と
 します。

4. 採択数
 約6 件の予定です。

5. 助成額と研究期間、助成金の振込時期
 1 件あたり400 万円以内でご申請ください。研究期間は2018 年4 月から原則として2~4 年間で、進捗
 状況に合わせて延長も可能です。但し、助成金は2018 年5~6 月に一括して振込む予定ですので、所属
 機関において年度繰越をしながら使用してください。
 ※採択にあたり、財団は予算の減額調整を行うことがあります。

6. 応募方法 財団のホームページ経由で以下の手順にて行ってください。
 1. 申込書(所属長の捺印を要します)
 2. 申請書
 ※財団ホームページからWORDの書式をダウンロードして、PDFに変換の上、アップロードしてください。
 申請書は英文で記入してもかまいませんが、1 ページ目は日本語で記入してください。
 3. 論文別刷(2012 年以降に発表したもの1 件をアップロードしてください)
 4. 応募受付期間 2017 年7 月31 日(月)~2017 年9 月22 日(金)※学内締切:2017年9月8日(金)
 5. アップロード 上記の期間中、ホームページの右側下にある「ファイル送付」ボタンをクリックし、「研
  究助成 電子申請ページ」から申請してください。申請方法の詳細については当該ホームページに記載
  されています。申請書一式を受領した旨、財団から自動返信メールを送ります。また、申請内容を
  確認し、締切後2 週間以内に受理通知メールを送ります。
 ※ 申請書一式(上記の1.~3.)は財団において管理し、研究助成の目的以外には使用いたしません。

7. 選考日程と採否通知
  応募受付期間:2017 年7 月31 日(月)~2017 年9 月22 日(金)
    書類選考: 書類選考終了後、ヒアリング対象者にのみ通知します(通知時期:2017年12月上旬、
         対象者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
 ヒアリング選考:2018 年1 月10 日(水)に実施予定です
         ヒアリング審査を通過した採択内定者に2018年2月中旬頃までに内定通知メ
         ールを送ります(採択内定者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
 理事会での承認: 2018 年4 月上旬の予定
    採否通知: 2018 年4 月中旬頃までに全申請者に採否を通知します
 ※ 採否通知発送までの期間において、個別のご照会には回答いたしかねますので、ご了承ください。

2017 年度募集・2018 年度採択
「若手継続グラント」応募要項

1. 研究助成の目的
 旭硝子財団は、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究への助成事業を通じて、人類が真の豊
 かさを享受できる社会および文明の創造に寄与します。財団には4 つの国内研究助成プログラムがあ
 り、「若手継続グラント」プログラムでは、過去 3 年間に財団の「研究奨励」プログラムを終了した
 46歳以下の若手研究者の中から意欲と提案力のある将来有望な研究者を選抜し、研究助成を行います。

2. 応募要件
 1. 所属機関:主たる勤務先が国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校
       (但し大学附属病院専従の方は対象外です)
 2. 職位:上記の機関に所属し、主体的に研究を進めている原則常勤の研究者
  ・任期付研究者の場合には、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用
   が見込まれること
  ・職務専念義務上、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと
 3. 機関承認:財団からの寄附金を所属機関が研究費として管理する前提のもとに、所属長が応募を
  承認していること
 4. 年齢:1971 年1 月1 日以降生まれであること
 5. 助成および応募の重複:応募時点で財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに財団に
  対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと
 6. 事前通知:財団から、応募資格者としての通知を受けていること。すでに一度「若手継続グラン
  ト」に採択された研究者は2 回目の応募ができません。

3. 助成対象研究分野
 若手継続グラントプログラムでは、優れた若手研究者への支援を一義的な目的にしています。申請する
 研究テーマについては、下表の範囲内であれば、財団から過去に助成を受けた研究テーマであるか否
 かを問いません。
自然科学系 第1分野 化学・生命科学系の研究で、物質・材料、生命・生物に関わる研究、および
これらに関係の深い研究
第2分野 物理・情報系の研究で、材料・デバイス・システム、情報・制御ならびに設計・生産の基礎に関わる研究、およびこれらに関係の深い研究
第3分野 建築・都市工学系の研究で、人間生活の歴史と現状、将来を視野に置いた
建築・都市空間に関わる研究
人文・社会科学系 持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究
4. 採択数
 全分野の合計として、約 6 件の予定です。応募者が少ない分野では「若手継続グラント」と「ステップア
 ップ助成」の応募を個々に審査したのち、両方合わせた比較上位の中から採択を決めることがあります。

5. 助成額と研究期間、助成金の振込時期
 原則として1 件あたり実験研究は毎年200 万円以内、調査研究は毎年100 万円以内とし、継続審査を毎
 年受けることを前提に、研究期間は 2018 年 4 月から 3 年間です。但し、助成金は初年度 5-6 月、それ
 以降は毎年4-5 月に振込む予定です。
 ※採択にあたり、財団は予算の減額調整を行うことがあります。

6. 応募方法 財団のホームページ経由で以下の手順にて行ってください。
 1. 申込書(所属長の捺印を要します)
 2. 申請書
 ※財団ホームページからWORDの書式をダウンロードして、PDFに変換の上、アップロードしてください。
 申請書は英文で記入してもかまいませんが、1 ページ目は日本語で記入してください。
 3. 論文別刷(2012 年以降に発表したもの1 件をアップロードしてください)
 4. 応募受付期間 2017 年7 月31 日(月)~2017 年8 月25 日(金)※学内締切:平成2017年8月10日(木)
 5. アップロード 上記の期間中、ホームページの右側下にある「ファイル送付」ボタンをクリックし、「研
  究助成 電子申請ページ」から申請してください。申請方法の詳細については当該ホームページに記載
  されています。申請書一式を受領した旨、財団から自動返信メールを送ります。また、申請内容を
  確認し、締切後2 週間以内に受理通知メールを送ります。
 ※ 申請書一式(上記の1.~3.)は財団において管理し、研究助成の目的以外には使用いたしません。

7. 選考日程と採否通知
  応募受付期間:2017 年7 月31 日(月)~2017 年8 月25 日(金)
    書類選考:書類選考終了後、ヒアリング対象者にのみ通知します
         (通知時期:第1 分野は2017 年12 月、第2 分野・第3 分野・人文・社会科学系
          は11 月、対象者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
 ヒアリング選考:第1 分野は2018 年1 月29 日、第2 分野は同1 月22 日、第3 分野は2017 年
         12 月8 日、人文・社会科学系は同12 月15 日に実施予定です
         ヒアリング審査を通過した採択予定者には2018年2月中旬頃までに内定通知
         メールを送ります(採択内定者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
 理事会での承認:2018 年4 月上旬の予定
    採否通知:2018 年4 月中旬頃までに全申請者に採否を通知します
 ※ 採否通知発送までの期間において、個別のご照会には回答いたしかねますので、ご了承ください。

2017 年度募集・2018 年度採択
「ステップアップ助成」応募要項

1. 研究助成の目的
 旭硝子財団は、次世代社会の基盤を構築するような独創的な研究への助成事業を通じて、人類が真の豊
 かさを享受できる社会および文明の創造に寄与します。財団には4 つの国内研究助成プログラムがあり、
 「ステップアップ助成」プログラムでは、過去 3 年間に財団の「研究奨励」または「若手継続グラント」
 プログラムを終了した研究テーマの中から将来有望なものを選抜し、研究助成を行います。

2. 応募要件
 1. 所属機関:主たる勤務先が国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校
       (但し大学附属病院専従の方は対象外です)
 2. 職位:上記の機関に所属し、主体的に研究を進めている原則常勤の研究者
  ・任期付研究者の場合には、応募時点において、申請する研究期間のうち、少なくとも初年度の雇用
   が見込まれること
  ・職務専念義務上、外部研究費の受給にかかわる制約がないこと
 3. 機関承認:財団からの寄附金を所属機関が研究費として管理する前提のもとに、所属長が応募を
  承認していること
 4. 年齢:制限がありません
 5. 助成および応募の重複:応募時点で財団からの研究助成を受けていないこと、ならびに財団に
  対して同一年度に複数の応募申請をしていないこと
 6. 事前通知:財団から、応募資格者としての通知を受けていること。すでに一度「ステップアップ
  助成」に採択された研究者は2 回目の応募ができません。

3. 助成対象研究テーマと分野
 ステップアップ助成プログラムでは、財団が過去に助成した研究テーマの継続であることを前提とします。
 助成終了後の研究の進展を踏まえた申請、あるいは派生的な研究テーマを含めた申請が可能です。
 申請にあたり、下表の中から研究の該当する分野を選んでください。
自然科学系 第1分野 化学・生命科学系の研究で、物質・材料、生命・生物に関わる研究、および
これらに関係の深い研究
第2分野 物理・情報系の研究で、材料・デバイス・システム、情報・制御ならびに設計・生産の基礎に関わる研究、およびこれらに関係の深い研究
第3分野 建築・都市工学系の研究で、人間生活の歴史と現状、将来を視野に置いた
建築・都市空間に関わる研究
人文・社会科学系 持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究
4. 採択数
 全分野の合計として、約4件の予定です。応募者が少ない分野では「若手継続グラント」と「ステップア
 ップ助成」の応募を個々に審査したのち、両方合わせた比較上位の中から採択を決めることがあります。

5. 助成額と研究期間、助成金の振込時期
 申請期間を通じた総額は、1 件あたり実験研究では1,400 万円以内、調査研究は500 万円以内でご申請
 ください。継続審査を毎年受けることを前提に、研究期間は2018 年4 月から3~4 年間です。但し、助
 成金は初年度5-6 月、それ以降は毎年4-5 月に振込む予定です。
 ※採択にあたり、財団は予算の減額調整を行うことがあります。

6. 応募方法 財団のホームページ経由で以下の手順にて行ってください。
 1. 申込書(所属長の捺印を要します)
 2. 申請書
 ※財団ホームページからWORDの書式をダウンロードして、PDFに変換の上、アップロードしてください。
 申請書は英文で記入してもかまいませんが、1 ページ目は日本語で記入してください。
 3. 論文別刷(2012 年以降に発表したもの1 件をアップロードしてください)
 4. 応募受付期間 2017 年7 月31 日(月)~2017 年8 月25 日(金)※学内締切:2017年8月10日(木)
 5. アップロード 上記の期間中、ホームページの右側下にある「ファイル送付」ボタンをクリックし、「研
  究助成 電子申請ページ」から申請してください。申請方法の詳細については当該ホームページに記載
  されています。申請書一式を受領した旨、財団から自動返信メールを送ります。また、申請内容を
  確認し、締切後2 週間以内に受理通知メールを送ります。
 ※ 申請書一式(上記の1.~3.)は財団において管理し、研究助成の目的以外には使用いたしません。

7. 選考日程と採否通知
  応募受付期間:2017 年7 月31 日(月)~2017 年8 月25 日(金)
    書類選考:書類選考終了後、ヒアリング対象者にのみ通知します
         (通知時期:第1 分野は2017 年12 月、第2 分野・第3 分野・人文・社会科学系
         は11 月、対象者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
 ヒアリング選考:第1 分野は2018 年1 月29 日、第2 分野は同1 月22 日、第3 分野は2017 年
         12 月8 日、人文・社会科学系は同12 月15 日に実施予定です
         ヒアリング審査を通過した採択予定者には2018年2月中旬頃までに内定通知
         メールを送ります(採択内定者に通知した旨を財団ホームページに掲載します)
 理事会での承認:2018 年4 月上旬の予定
    採否通知:2018 年4 月中旬頃までに全申請者に採否を通知します
 ※ 採否通知発送までの期間において、個別のご照会には回答いたしかねますので、ご了承ください。

お問い合せ先

研究支援推進センター事務部 研究支援課
TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp