グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団

公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年度助成

対象者と募集期間

対象者 原則として「日本を生活・活動の拠点とする者」で、国籍は問いません。
対象分野 日韓に関わる、文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・国際交流が対象となります。
助成金額 1件の助成金額は【 5万円 ~ 200万円 】となります。
個人・団体を問わず申請できます。
1年あるいは2年で成果を出す研究・活動に対する助成とします。
大学の運営経費に該当する間接経費(オーバーヘッド)は助成金に含まれていません。
助成金授与後も、財団が助成金を管理します。
募集期間 2017年7月1日~2017年8月31日
  ※学内締切:2017年度8月24日(木)
審査と発表 □ 選考委員会 申請書の審査 10月31日(火)
*申請書の審査を通過した個人、団体には、当夜速やかに事務局から連絡が行きます。
□ 面接 申請内容の確認 11月3日(祝)~11月4日(土)
*助成対象候補となった個人、団体を、2日間に振り分け、面接を実施します。
□ 助成対象者の発表 12月中旬~1月中旬
*12月中旬に開かれる理事会の承認を経て、助成対象者に決定した個人、団体のみに事務局から連絡が行きます。
助成証書授与式 2018年3月中
助成受贈者との
誓約書
助成受贈者となった個人・団体と誓約書を交わします。
申請した助成計画期間満了から3カ月以内に活動報告書ないし研究報告書、および会計報告書を提出していただきます。
※活動報告書ないし研究報告書、および会計報告書を提出しない場合、あるいは申請書以外の助成金の使途が見つかった場合は、助成金を全額返還していただきます。

財団の方針

・財団は1年あるいは最大2年で成果を出す活動・研究を助成対象とする。
・選考委員会を通過した助成対象者は財団と誓約書を交わした後、正式に助成受贈者とする。
・申請書以外の助成金の使途が発覚した場合、助成金は即時全額返還することになる。
・助成計画を途中で変更する場合、速やかに事務局に連絡し、変更内容が認められた助成計画のみ変更を許可する。
・助成計画達成期限は、守らねばならない。
・助成計画達成から3カ月以内に「活動報告書」ないし「研究報告書」、及び「収支報告書」を提出しなければならない。
・助成金に残金が発生した場合、財団に返還しなければならない。

助成申請書ダウンロード

申請の注意事項

・申請内容は、プリントアウトした「申請書」にお書き下さい。
・「申請書」を改変または所定の枚数以上になった場合、失格となります。
・申請書の所定形式および枚数を厳守して下さい。

財団URL

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp