グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




愛知県


このエントリーをはてなブックマークに追加

第12回わかしゃち奨励賞

1.提案募集の内容
(1)募集テーマ
  「イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~」
(2)募集するテーマの内容及び対象分野
  「あいち科学技術 ・知的財産アクションプラン 2016-2020」で研究の重点分野として位置付けた次世代成長産業分野
  において、自らの研究に基づいて、その成果を活用することで、将来「産業や社会への大きな貢献」が見込める夢の
  ある研究テーマ・アイデア(すぐに実現・事業化しなくても、企業等との共同研究等により成果の活用が期待できる
  ものや、新たな研究開発のテーマとなる可能性のあるものを含む)。
   【対象分野】
     ・次世代自動車分野     ・航空宇宙分野
     ・ロボット分野       ・健康長寿分野
     ・環境・新エネルギー分野  ・ICT、IoT、「標準化」分野
(3)部門
   ア.基礎研究部門:具体的な製品化像はあるが、実験的な研究段階の夢のあるテーマ
   イ.応用研究部門:具体的な製品化像があり、実用可能性の検証段階で発展性の高いテーマ
2.応募の要件
(1)次の全ての条件を満たす者(愛知県職員を除く)。
   ア.日本国内に在住し、平成 29 年4月 1 日現在 40 歳未満であること。
   イ.大学院生もしくは修了者で、大学又は企業、団体等の研究開発に従事していること。
    (正規、非正規あるいは常勤、非常勤を問わない。)
(2)応募は個人または(1)の要件を満たす者で構成するグループとする。
(3)愛知県内の企業等から共同研究の提案があった場合には実施が可能であること。(共同研究を保証あるいは、
   強制するものではないが、既に同一内容で企業と共同研究を実施しているものや、他地域での研究実施を前提
   としたものは応募できない。)
(4)原則として日本語で記述したものであること。また、優秀者により行われる発表会も原則、日本語で行うこととする。
(5)公序良俗に反しない内容であること。
(6)自らの研究に基づく提案であれば、基となる研究の論文発表等の有無は問わない。ただし、今回提案のアイデア
   自体は、初出のものであること。また、同時期に同一内容の提案で、他の公募で表彰が決まっていないこと。
(7)知的財産権に関わる内容については、問題が生じないよう応募の段階で関係者の同意を得るなどの措置を講じておく
   こと。
(8)提案内容が指導教員の研究と関係する場合は、指導教員(教授等)の了解を得ること。
3.応募の方法
  応募の詳細については、こちらです。
(1)提出書類
  ※様式については、ダウンロードしたものを使用すること。
  ※様式2~4については、必ずデジタルデータで作成のこと。
(2)応募方法
  次のいずれかの方法で応募してください。なお、様式1に手書き部分を含む場合は、必ず郵送で提出すること。
  ア.郵送による場合:上記の提出書類を Microsoft Word または PDF ファイルにより作成し、紙媒体(1部)と
    ともに電子媒体(CD 等)により、募集締切までに郵送(当日消印有効)。
  イ.電子メールによる場合:上記の提出書類を Microsoft Word または PDF ファイルにより作成し、電子メールに
    添付して応募期限までに送信。なお、受信制限により、5MB を超える場合は分割送信すること。
(3)募集締切
  平成29年9月29日(金):当日消印有効 ※学内締切:平成29年9月15日(金)
  ※なお、応募に必須ではありませんが、事前に参加登録を行ってください。
   参加登録書(Web ページからダウンロード)により9月 15 日(金)までに郵送・FAX または e-mail にて登録を
   行って下さい。
   掲載 Web ページ http://www.pref.aichi.jp/san-kagi/kagaku/nurture/pd/oubo.html
(4)参加登録・応募先
  〒460-8501 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
  愛知県産業労働部 産業科学技術課 科学技術グループ 「わかしゃち奨励賞係」
  電話 052-954-6351 FAX 052-954-6977
  メールアドレス san-kagi@pref.aichi.lg.jp

4. 審査・表彰
(1)審査
  応募いただいた提案は、基礎研究部門及び応用研究部門のそれぞれにおいて、さまざまな分野の専門家からなる審査
  委員会により、研究の目的と課題の明確さ、アイデアの新規性、研究の計画性、将来への発展性などを基準に書類
  審査選考し、候補提案によるヒアリング審査等を経て最優秀賞及び優秀賞を決定します。なお、基礎研究部門はアイ
  デアの新規性を重視し、応用研究部門は将来への発展性を重視して審査を行います。
   ■一次(書類)審査………… 審査委員の書類審査により、基礎研究部門は3~5件程度、応用研究部門は5~7件程度
    に絞り込みます。なお、応募多数の場合は、提案要旨により審査を行う場合があります。なお、一次審査通過者
    には11 月上旬(予定)に最終審査のお知らせをします。
   ■最終(ヒアリング)審査… 約8分間のプレゼンテーションと約8分間の質疑応答により、基礎研究部門の最優秀
    賞1件、優秀賞2件、応用研究部門の最優秀賞1件、優秀賞4件を選定します(11 月下旬予定)。
   ■優秀提案発表会…………… 受賞者は県内企業や科学技術コーディネーター、一般聴衆等に対し、約 10 分間の
    プレゼンテーションを行っていただきます。
(2)表彰
  基礎研究部門及び応用研究部門において、それぞれ下記のとおりの表彰内容とし、1月下旬(予定)に表彰式兼優秀
  提案発表会を実施します。
  【基礎研究部門】
   ■最優秀賞(1件) 賞状及び研究奨励金 30 万円
   ■優秀賞 (2件) 賞状及び研究奨励金 10 万円
   ■その他、共催団体等から副賞・特別賞が贈呈される場合があります。
  【応用研究部門】
   ■最優秀賞(1件) 賞状及び研究奨励金 30 万円
   ■優秀賞 (4件) 賞状及び研究奨励金 10 万円
   ■その他、共催団体等から副賞・特別賞が贈呈される場合があります。
   ※グループでの受賞の場合は、賞状は申請者全員にそれぞれ授与し、研究奨励金は申請者全員に均等に分割して
    贈呈します。(1円未満は切り捨てとさせていただきます。)
   ※応募状況によって、表彰の件数は若干変更する可能性があります。

5. 応募に当たっての注意事項
(1)応募書類は返却いたしません。
(2)提案の著作権は申請者に帰属しますが、愛知県や(公財)科学技術交流財団が発行する提案書、刊行物、Web サイト
   等に全文または概要を掲載する権利を愛知県及び(公財)科学技術交流財団が保有します。
(3)知的財産の法的保護等については、申請者により対応して下さい。
(4)本事業で受賞された提案は、共同研究事業の実施を保証するものでも、強制するものでもありません。
(5)応募資格等に違反する事項やその他不正があった場合は、審査対象外にする場合や、受賞を取り消す場合があります。
(6)本事業への提案に関する経費(資料作成・資料提出・交通費等)は申請者負担となります。
(7)受賞者には、提案アイデアの進展状況や事後の研究活動の状況など、本事業の成果についてアンケートにより回答
   して頂きます。

6. その他
(1)基礎研究部門及び応用研究部門の最優秀賞受賞者は、原則、翌年度の文部科学大臣表彰若手科学者賞へ推薦します。
(2)最優秀提案、優秀提案については、「優秀提案集」を作成し、県内企業及び科学技術推進団体や研究機関等に
   送付します。
(3)受賞者に対しては、愛知県としてプレス発表を行うことにより、知名度の向上、新技術のPR がなされるように
   します。
(4)(公財)科学技術交流財団の科学技術コーディネーターが、受賞者の有する技術シーズについて、技術的課題の
   解決、新製品開発や事業化等の幅広い支援を実施します。

事業URL

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp