グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  乳の学術連合

乳の学術連合


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究の公募

1. 目 的
  「牛乳乳製品健康科学会議」(以下「健康科学会議」という)は、一般社団法人Jミルク(以下「Jミルク」
 という)と共同して、牛乳乳製品の価値向上に繋がる医学・栄養学・食品科学・体育学等の分野の課題を
 学術的に解明するため、研究者ないし研究グループ(以下「研究者等」という)から学術研究を広く公募し、
 審査・選考の上、調査・研究を委託し、その成果を公表することにより、牛乳乳製品の価値向上に資するものとする。
2. 募集研究テーマ
 (1)スポーツにおける牛乳乳製品の栄養的意義に関する研究
  スポーツにおける牛乳乳製品の栄養的意義について、幅広い内容にて研究を公募する。
  特に、アスリートや発育期のスポーツにおける牛乳乳製品の意義に関する研究。
  キーワード:アスリート、発育期のスポーツ、トレーニング、体力(筋力、持久力など)、パフォーマンス、
        体調、易感染性、疲労回復、疲労骨折、月経異常、減量、増量、栄養バランス、熱中症予防
 (2)牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究
  牛乳乳製品あるいはその成分の免疫機能に及ぼす影響に関する基礎的・臨床的研究。
  特に、牛乳を摂取した際の免疫指標の変化に関する網羅的、探索的な研究
  (単一の牛乳成分についての研究も対象とする)。
  キーワード:免疫機能調節、免疫指標、自然免疫、免疫寛容、免疫不全、アレルギー、感染防御、
        抗炎症、腸内環境
 (3)牛乳乳製品とメンタルヘルスに関する研究
  牛乳乳製品による「抗ストレス」「抗疲労」「抑うつ」などの効果に関する研究。
  キーワード:睡眠、リラックス、認知機能、生体リズム、時間栄養学抗ストレス、抗疲労、抑うつ、
        異常行動、非社会的行動、発達障害、ADHD、自閉症、メンタルヘルス、脳腸相関、
        健康心理、心身の健康、労働衛生、(高齢者の)生きがい、眼精疲労、更年期うつ、
        ヘルスリテラシー、食育
 (4)牛乳乳製品と高齢者の栄養代謝障害に関する研究
  低栄養(フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドローム)、過栄養(肥満、メタボリックシン
  ドローム、糖尿病)、高齢者に特異的な疾患(認知症など)に関する疫学研究、基礎研究、介入研究。
3. 研究採用数
 上記をテーマとする研究計画の応募申請の中から15件程度を採用する。
4. 応募資格
 国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で
 学術研究を行っている研究者等(大学院生含む)、またはこれに付随する研究を行っている個人の研究者等とする。
5. 委託研究期間
 原則として1年を超えないものとする。
 但し、研究の内容によっては、最長3年間とするが、1年以上の期間の研究を申請する場合は、全期間にわたる
 研究計画・支出計画を申請書に明確に記すこと。
 なお、年度ごとに中間報告を行い、成果が認められない場合は、研究委託を中止する場合がある。
6. 委託研究費
 年間1件当たり原則として150万円(消費税込)以内とする。
 なお、複数年度の研究においては、研究年度×年間委託研究費を上限額とする。
7. 申請手続き
 平成30年度牛乳乳製品健康科学学術研究申請書に必要事項を記載のうえ、事務局宛てに電子メール
 または郵送等により送付すること。学術研究申請書の電子データを希望する場合は、事務局に依頼すること。
 <事務局>
  〒104-0045 東京都中央区築地4丁目7番1号 築地三井ビル5階 
  一般社団法人 Jミルク  担当:佐野 晴彦  
  電話 03-6226-6352  FAX 03-6226-6354  E-mail:h-sano@j-milk.jp
  URL:http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2018/H30_kenko.html
  「牛乳乳製品健康科学」学術研究の公募ポスター
8. 申請期間
 平成29年10月1日(日)から平成29年12月31日(日)
  ※学内締切:平成29年12月15日(金)
9. 決定通知
 (1)採否の結果は、平成30年2月中に、平成30年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究申請書に記載された
   「1.研究代表者」に通知する。
 (2)委託研究に採択された研究者等は、平成30年3月にJミルクホームページ等において公表される。

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp

平成30年度「乳の社会文化」学術研究の公募

1. 目的
 「乳の社会文化ネットワーク」(以下「社会文化NT」という)は一般社団法人Jミルク(以下「Jミルク」という)
 と共同で、日本における乳の生産・利用の特質とその形成過程や持続可能性、乳の価値創造活動など「乳」に係る
 社会的・文化的な研究を推進することを目的に、研究計画の公募・選考を行い、「乳の社会文化」に関する
 学術研究を研究者もしくは研究グループ(大学院生を含む。以下「研究者等」という)に委託する。
2. 募集研究テーマ
【特定研究】
 (1)牛乳乳製品のマーケティング
  牛乳乳製品の価値創造に通じるマーケティング研究。例えば、コミュニケーション革新、流通チャネル革新、
  プライシングに関する研究など
 (2)牛乳乳製品の食生活への受容
  牛乳乳製品の食生活への受容の歴史、受容の現状と課題、「美味しさ」の感情や記憶の創出に関する研究など
 (3)次世代酪農の可能性
  酪農の持続可能性を探るための社会的・文化的な研究。例えば、酪農生産、フードチェーン、制度・政策、
  評価手法に関する研究など
【一般研究】
 (4)乳及び酪農乳業に関する社会的文化的視点からの研究
  牛乳乳製品の食文化的意義、酪農乳業の歴史及び社会経済的な意義に関する研究など
   注)「牛乳」もしくは「乳」とは、食品としての牛乳・乳製品を意味する。
     (「乳」にはヤギ乳・ヒツジ乳を含む)
3. 研究採用数
 上記【特定研究】 【一般研究】をテーマとする研究計画の応募申請の中から8件程度を採用する。
4. 応募資格
 国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を
 行っている研究者等(大学院生を含む)もしくは特定の機関等に属さない個人研究者とする。
5.  委託研究期間
 同一研究計画に対する委託期間は、原則として1年を超えないものとする。なお、研究成果を踏まえ研究の継続を
 希望する場合は、改めて本学術研究への応募申請を行うことができる。
 ただし、やむを得ぬ事情がある場合には、審査委員会の審査を経て、委託期間の延長を認めることができる。
6. 委託研究費
 年間1件当たり原則として70万円(消費税込)以内とする。ただし、海外渡航調査など多額な費用が含まれる場合、
 100万円(消費税込)以内とする。
7. 申請手続き
 平成30年度「乳の社会文化」学術研究申請書に必要事項を記載のうえ、事務局宛てに電子メールまたは郵送等に
 より送付すること。学術研究申請書の電子データを希望する場合は、事務局に依頼すること。
 <乳の社会文化ネットワーク事務局>
  〒104-0045 東京都中央区築地4丁目7番1号 築地三井ビル5階 
  一般社団法人Jミルク内「乳の社会文化ネットワーク」事務局 担当:西本 朋己
  電話 03-6226-6352 FAX 03-6226-6354 E-mail:t-nishimoto@j-milk.jp
  URL:http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2018/H30_shakai.html
  平成30年度 「乳の社会文化」学術研究の公募ポスター
8. 申請期間
 平成29年10月1日(日)から平成29年12月31日(日)
  ※学内締切:平成29年12月15日(金)
9. 決定通知
 (1)採否の結果は、平成30年2月中に、平成30年度「乳の社会文化」学術研究申請書に記載された
   「1.研究代表者」に通知する。
 (2)委託研究に採択された研究者等は、平成30年3月にJミルクホームページ等において公表される。

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp

平成30年度「食と教育」学術研究の公募

1. 目的
  「牛乳食育研究会」は、一般社団法人Jミルク(以下「Jミルク」という)と共同して、豊かな食体験及び総合的な
 食知識の習得や食に対する健全な態度の育成及び適切な食選択能力の向上などの教育的な取り組みを推進し、
 研究成果を国民の暮らしや社会に還元することを目的に、乳を活用した「食と教育」に係る学術研究を研究者
 ないし研究グループ(以下「研究者等」という。) に広く公募し、選考のうえ研究者等への委託研究として行う。
2. 募集研究テーマ
 委託する学術研究のテーマは次の通りとする。
 なお、全てのテーマは乳に係る研究であり、「乳」とは、「食品としての牛乳乳製品やそれを生産流通する産業
 としての酪農や乳業など」である。また、「教育」とは、学校教育、家庭教育、社会教育などである。
【特定研究】
 (1)「乳」に係る教育プログラムの開発と検証研究
 (2)「乳」に係る生産・製造・流通等を中心にした教育的プログラムの開発と検証研究
 (3)「乳」ならではの教育的価値の解明とその効果についての研究 - 歴史的または海外比較の見地から -
 (4)学校給食における乳の現代的意義に関する研究
【一般研究】
 (5)「乳」に関する教育的視点からの研究
3. 研究採用数
 上記【特定研究】【一般研究】をテーマとする研究計画の応募申請の中から8件程度を採用する。
4. 応募資格
 国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を
 行っている研究者等(大学院生含む)、またはこれに付随する研究を行っている個人の研究者等とする。
5. 委託期間
 同一調査・研究課題に対する委託期間は、原則として1年とする。ただし、研究テーマによって複数年の研究が必要な
 場合は、その限りではない。申請書に全体の研究計画の概要の他、各年の研究計画の概要がわかるよう記載すること。
 なお、複数年の場合には収支及び研究の中間報告を毎年実施する。
6. 委託研究費
 年間1件当たり原則として70万円(消費税込)以内とする。ただし、海外渡航調査など多額な費用が含まれる場合、
 100万円(消費税込)以内とする。
7. 申請手続き
 平成30年度「食と教育」学術研究申請書の定めるところによる。
 牛乳食育研究会事務局まで、電子メールまたは郵送により申請すること。なお、申請書の電子データを希望する
 場合の問い合わせ先も事務局とする。
 <牛乳食育研究会事務局>
  〒104-0045 東京都中央区築地4-7-1築地三井ビル5階
  一般社団法人Jミルク内「牛乳食育研究会」事務局 担当:前 いずみ
  電話 03-6226-6352 FAX 03-6226-6354 E-mail:mae@j-milk.jp
  URL:http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2018/H30_shokuiku.html
  平成30年度「食と教育」学術研究の公募ポスター
8. 申請期間
 平成29年10月1日(日)から平成29年12月31日(日)
  ※学内締切:平成29年12月15日(金)
9. 決定通知
 (1)採否の結果は、平成30年2月中に、平成30年度「食と教育」学術研究申請書に記載された
   「1.研究代表者」に通知する。
 (2)委託研究に採択された研究者等は、平成30年3月にJミルクホームページ等において公表される。

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp