グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学内関係者 >  研究費公募情報 >  財団等 >  喫煙科学研究財団

喫煙科学研究財団


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成 30 年度 喫煙科学研究財団助成

1. 研究課題
  喫煙等※に関する、独創性が高く学術上の意義が大きい科学調査研究を対象とします。
   ※加熱式たばこ等に関する研究も含まれます。
  若手研究では特にチャレンジ性の高い研究課題を歓迎します。
2. 応募資格
  (A)一般研究
  代表研究者として応募できる方は、大学、研究所および病院等に所属する研究者とします。
  大学院生、学生、企業に所属する研究者は共同研究者として助成研究に参加することはできますが、
  代表研究者としての応募はできません。
  また、平成 29 年度に財団からの研究助成を受けている代表研究者の方は、平成 30 年度の一般研究
  への応募はできません。
  (B)若手研究
  平成 30 年 4 月 1 日現在において 44 歳以下で、大学、研究所および病院等に所属する研究者が一人で
  研究を行うこととします。大学院生、学生、企業に所属する研究者は応募できません。
3. 研究助成期間
  (A)一般研究
   研究助成期間は、3 年間を限度とします。ただし、研究審議会が特に認めた場合には、1~2 年の
   延長を行うことができます。
  (B)若手研究
   研究助成期間は、3 年間を限度とします。
4. 研究助成金額
  (A)一般研究
   1 研究課題 1 年当たり 200 万円を上限とします。
  (B)若手研究
   1 研究課題 1 年当たり 50 万円とします。ただし 3 年目は 100 万円に増額する場合があります。
5.応募方法
  · 「研究助成申込書」に必要事項を記入し、原本 1 部(白黒・片面印刷)を提出期間内に財団事務局宛に
   ご提出ください。 提出期間後は申込書を受理しませんので、時間に十分余裕を持って提出してください。
   なお、「研究助成申込書」の記入に当っては、次頁の留意点をご参照ください。
  · 応募書類は返却いたしません。
  喫煙科学研究財団助成研究 募集要項
  (A)一般研究 助成申込書
  (B)若手研究 助成申込書
6.提出期間
  平成29年11月7日(火)~12月12日(火) 必着
    ※学内締切:平成29年11月28日(火)
7.「研究助成申込書」記入上の留意点
  (1) 所属組織の長による承認
  「研究助成申込書」は、代表研究者の所属する組織の長による承認を必ず受けて、公印を押捺の上、
  ご提出ください。私印では受理いたしませんので、ご注意ください。
  組織の長とは、学長、学部長、研究所長、病院長等、組織を代表する方とします。
  (2) 研究実施計画
  研究実施計画の作成に当たっては、その実施内容が所属組織の諸規定に違反することのないよう、
  十分な注意をお願いいたします。
  (3) 生命倫理・安全面への配慮
  研究内容によっては、法令又は指針により手続きが定められているものがあります。
  文部科学省科学研究費の留意事項に準じ、適切に研究が実施できるよう配慮してください。
  また、配慮された内容について、記入欄に簡潔に記載してください。
  (4) 研究経費の内訳
  研究助成金の使途は、研究計画遂行上直接必要な研究経費、研究成果の発表に必要な経費および
  所属組織の事務管理費としています。
  以下に助成金を使用できない経費の例をあげますので、参考としてください。
  ・ 建物等施設に関する経費
    但し、研究に必要な器具・備品を据え付けるための軽微な経費には使用できます。
  ・ 所属組織で通常備えるべき備品(机、椅子、複写機等)の購入費
  ・ 国内外を問わず、学会出席のための旅費、参加費
    但し、財団が主催する研究助成説明会、研究発表会、ならびに、財団の助成研究の成果を発表する
   ための学会への参加に必要な旅費には使用できます。
  ・ 外部より招聘した研究者等に対する旅費・滞在費
8.申込書類の提出先
  〒107-0052 東京都港区赤坂 2-5-7 NIKKEN 赤坂ビル
  公益財団法人喫煙科学研究財団
  電話 03-5549-4536
  e-mail office@srf.or.jp
  URL http://www.srf.or.jp/profile/profile-frame.html

お問い合せ先

 研究支援推進センター事務部 研究支援課
 TEL:0562-93-2862 FAX:0562-92-5382
 Mail:kenshien@fujita-hu.ac.jp