グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




講義レポート


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ内目次


第1回

地域包括ケアの推進における地域づくりの必要性

講師:三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主席研究員 岩名 礼介

地域包括ケアシステムの目指すものや、地域づくりの考え方、地域支援事業の連動性等に関する理解を深めるための講義を実施した。

事業マネジメントの考え方を学ぶ

講師:埼玉県立大学 教授 川越 雅弘

保険者として市町村が意識すべきPDCAサイクルの考え方を理解するため、事業マネジメントの基本的考え方や具体的な進め方、「現状・課題の把握」に関する基本的考え方とその方法に関する講義を実施した。講義後は、地域の目指す姿や課題を設定するための思考過程を体験するため、ワークショップを実施した。

地域づくりの哲学と行政の役割

講師:PHP総研 主席研究員 兼 立教大学大学院 特任教授 亀井 善太郎
   豊明市健康福祉部健康長寿課 課長補佐 松本 小牧


現代社会における自治体職員の重要性や、自治体職員が高度な専門性を持ち、優れた実践をするための考え方に関する講義を実施した。講義内容をより具体的に理解するため、亀井氏による松本氏へのインタビューを行った。

地域づくりの事例研究(自立支援のあり方)

講師:藤田医科大学講師・地域包括ケア中核センター 都築 晃
   豊明市健康福祉部健康長寿課 課長補佐 松本 小牧


地域づくりを進める上での考え方や行政の果たす役割を理解するため、豊明市の地域ケア会議を見学した。会議後は、会議に出席した専門職と参加者との質疑応答を行った。