グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  教室案内 >  スタッフ紹介 >  鈴木敦詞

鈴木敦詞




職名:教授
出身大学・卒年:名古屋大学・昭和63年卒
学位:医学博士

メッセージ
内分泌・代謝内科学は、生命の神秘にせまり、日々の生活に寄り添う、医科学と医療の融和した幅広く奥の深い学問です。科学的に全身を診るという、内科医としての基本姿勢を維持しながら、人と優しく語り合う心を大切にし、心と身体を癒す医学です。
内分泌代謝学の基本は、恒常性維持(やすらぎ)と情報伝達(語り合い)です。
医師として、医学者としてまた人間としての成長を目指しながら、医療と医学の発展に貢献してまいります。

所属学会・団体

国内
日本内科学会(総合内科専門医・指導医・東海地方会評議員)
日本内分泌学会(専門医・指導医・幹事・評議員・東海支部副支部長)
日本糖尿病学会(専門医・研修指導医・学術評議員)
日本甲状腺学会(専門医・評議員)、日本老年医学会(老年病専門医・指導医)
日本骨代謝学会(評議員)、日本骨粗鬆症学会(理事)、骨粗鬆症財団(評議員)
日本抗加齢医学会(評議員)、日本移植学会(移植認定医)、日本病態栄養学会(評議員)、日本静脈経腸栄養学会
日本膵・膵島移植研究会(世話人)、名古屋骨を守る会(会長)
名城大学薬学部(非常勤講師)、広島大学歯学部(客員教授)、愛知医科大学(非常勤講師)

国外
米国内科学会(専門医)、米国内分泌学会、米国糖尿病学会、米国骨代謝学会
国際骨粗鬆症財団(Committee of Scientific Advisors,Regional Advisory Committee)

略歴

1988年 名古屋大学医学部 卒業
1988年 名古屋第一赤十字病院勤務
1991年 静岡済生会総合病院勤務
1996年 名古屋大学大学院医学研究科修了
1996年 スイス連邦ジュネーブ州立大学病院 臨床病態生理学部門留学
1999年 名古屋大学医学部内科学第一講座客員研究者
2001年 藤田医科大学医学部内科学内分泌代謝科講師
2005年 藤田医科大学医学部内科学内分泌代謝科 助教授
2007年 藤田医科大学医学部内科学内分泌代謝科 准教授
2015年~現在 藤田医科大学医学部内分泌・代謝内科学 講座教授
2016年~現在 藤田医科大学 糖尿病ケアサポート センター長併任
2017年~現在 藤田医科大学 国際交流推進センター センター長併任
2019年~現在
藤田医科大学病院(第一教育病院) 食養部部長併任
2019年~現在
藤田医科大学病院副院長併任
2019年~現在
藤田学園理事長特別補佐併任

研究・業績

>>過去五年間の業績 (別ウィンドウで開きます)