グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  研究 >  Watson Explorerを用いた研究における、患者様の個人情報について

Watson Explorerを用いた研究における、患者様の個人情報について


藤田保健衛生大学医学部内分泌・代謝内科学教室では、日本IBM社Watson Explorerを用いた電子カルテ情報解析による糖尿病患者の病状推移予測モデルの構築の研究を行っています。研究課題名は「人工知能Watson Explorerを用いた電子カルテ情報解析による糖尿病患者の病状推移予測モデルの構築」です。2004年12月より2016年12月までに藤田保健衛生大学病院を受診した者(約97万人)、その中から、日本糖尿病学会が規定する糖尿病診断基準をもとに策定した糖尿病が強く疑われる患者とその対照者13万3113人を抽出しています。なお、希少疾患を有し、主病名により明らかに個人が同定されてしまう方は、対象から除いています。電子カルテ情報は、個人が同定されない情報のみを用い、匿名化して解析しています。特定のコンピューターに情報を集積し、藤田保健衛生大学ならびに日本IBM社内の特定の施設の中でのみ解析に使用されます。情報管理の責任者は、本研究代表者である藤田保健衛生大学医学部内分泌・代謝内科学教授 鈴木敦詞です。本研究は、藤田保健衛生大学臨床倫理委員会の審査のもと、藤田保健衛生大学学長の承認を得ています。本研究に関する資金の一部は第一生命保険株式会社から拠出され、藤田保健衛生大学によって管理されています。本研究は医師主導型臨床研究であり、研究計画書の作成から研究の施行、データ収集、イベント固定、統計解析、成果発表にいたるまで、研究の実務に研究資金拠出者は一切関与しません。ただし、成果発表にあたり、第一生命株式会社ならびに日本IBM社は、研究資金拠出ならびに委託業務を行ったものとして、研究への関与が明示されます。研究責任者、研究分担者は研究拠出者とのいかなる雇用関係や株式保有などの資本関係及び利益関係は有していません。また、本学の利益相反委員会により、利益相反マネジメントを受けています。本研究に対して情報提供を望まれない場合は、ご連絡ください。ただし、研究結果の詳細が学会等で発表された後のお申し出の場合、対応が困難なこともございますので、ご了承願います。ご自身の個人情報保護について詳しくお知りになりたい方は下記の当教室連絡先までお問い合わせください。

連絡先:藤田保健衛生大学医学部 内分泌・代謝内科学教室
    (電話)0562-93-9242  研究責任者: 鈴木敦詞

※2017年12月25日 一部変更