第8回:”増えている肺がん”
    −いかに防ぎ治すか−
          (平成17年10月15日土曜日)

肺がんの予防は防煙&禁煙:あらゆる健康生活につながる極意
【榊原 博樹(医学部呼吸器内科・アレルギー科教授)】
早期発見のポイントと内科的治療の実際:
QOLを大切にする様々な工夫
【佐々木文彦(医学部呼吸器内科・アレルギー科助教授)】
ここまで進んだ外科治療
【根木 浩路(医学部呼吸器外科講師)】
大学病院で取り組む終末医療
【羽田めぐみ(病院呼吸器内科病棟)】
【尾上ひとみ(病院呼吸器内科病棟)】
【山崎 靖子(病院呼吸器内科病棟)】
【中畑奈津子(病院呼吸器内科病棟)】
ご意見・ご感想
皆様、大変貴重なご意見ありがとうございました。
・市民公開講座に出席するようになってから病気に対する考え方が変わってきました。
難聴者、補聴器利用中、マイクの音がききにくい。NHKのニュースアナの声は補聴器なしでも良く
  判る。音量は十分だが意味が不鮮明となる。幸い大スクリーンの画面で理解がかなり出来る。マイクの
  種類、話し方などよろしく。映像は良かった。
資料・スライドの字が小さく見にくいのではないか。
質問は自分が体験しているような気がして有り難かった。
生涯学習を兼ね、病の治療、知識を取得したい。
PCを駆使し、非常にわかりやすい説明で受講できて非常に良かった。(特に根木講師の説明は
  良かった)受講して得た知識で早期発見、早期予防に役立てばと思いました。
  公開講座の良さを友人、知人etcに紹介したいと思います。
  ありがとうございました。
病院の患者に対する誠意が感じられます。ほとんど毎回出席させていただいていますが、いつも
  大変分かり易いお話でとても参考になります。参加者も増え、とても有意義な講座だと思います。