第56回医学セミナー(特別講演)
            (終了)
題目:「腎臓移植における低毒性
       免疫抑制プロトコ−ル」

演者:ピッツバーグ大学 トーマスE
    スターツル記念移植研究所
    所長兼外科部長
     教授  ロン=シャピロ 先生

日時:平成14年12月11日(水)

場所:医学部1号館324号室

座長:星長 清隆 先生
Ron Shapiro教授は1980年にStanford大学を卒業され、
New YorkのMt.Sinai病院でResidency終了した後は、多臓器の
移植で大変高名なT.Starzl教授のもとで、多くの腎移植や
膵移植を経験されております。
Starzl教授の引退後は、Pittsburgh大学の腎移植部門の責任者
として活躍しておられ、最近刊行された複数の教科書の著者
でもあります。
今回、沖縄で行われる学会で臓器移植関連の特別講演を
されますが、名古屋にも立ち寄って下さることになりね本学でも
講演をお願いしました。
腎移植における最先端の免疫抑制法や臨床的免疫寛容の
可能性などについてお話して頂けることになっております。
奮ってご参加下さい。


世話人 小児科学教室 浅野 喜造 内線(2367)
微生物学教室 辻   孝雄 内線(2432)