医学セミナー第102回記念講演(第27回特別講演)

 

  題目:「Gas Biology:ガス分子による
                    生体制御学の医学応用」

   演者: 慶應義塾大学医学部生化学教室
      講座教授 末松 誠 先生

  日時: 平成18年10月4日(水)
      午後4時30分〜5時30分

  場所: 医学部一号館3F、317号室

  座長: 黒沢 良和 先生

 

 末松先生は、慶応大学医学部を卒業した後、数年間内科医として臨床に携わられましたがその後生化学研究者へと転身し、現在は慶応大学医学部生化学教室教授として大活躍されています。末松教授の研究スタイルは、それまであまり多くの研究者が注目していなかった現象を対象として独自の視点からシャ−プに切り込み、実は生物学の根本問題がそこに在ることを示し、巨大な研究分野をつくりあげることに真骨頂が発揮されます。今では NO分子が重要な生理機能調節を担うことはよく知られる様になりましたが、末松教授は CO分子の生理 的役割を発見し、Gas Biology という新領域の先導者となっています。更に最近では血液中の細胞やタンパク質以外の数百種類からなる低分子量物質を網羅的に解析するメタボロ−ム技術の展開のなかから、今迄存在が知られていなかった様々な代謝制御系を発見されています。ゲノム解析の進歩のなかで、システム生物学が提唱されていますが、末松先生は既にその第一人者のひとりとして指導的役割を果たされ、我々としても学ぶ所が実に多いと感心いたしております。この度の末松先生の御講演が、本学に学問的刺激を与えればと願うところです。

 

世話人: 小児科学教室 浅野喜造(2367)

     微生物学教室 辻 孝雄(2432)