第130回 医学セミナー(特別講演46回)
題目: 「医療関係者に必要な産業中毒診断・予防の知識」  
演者: 名古屋大学大学院医学系研究科 社会生命科学講座環境労働衛生学 准教授
上島 通浩 先生
日時: 平成20年11月19日(水)
午後5時15分〜6時45分
場所: 生涯教育研修センター 1号館 9階 901講義室
座長: 小野 雄一郎 先生

 上島先生は東北大学医学部を卒業後、名古屋大学大学院医学研究科(現大学院医学系研究科社会生命科学講座環境労働衛生学)で産業中毒学分野の研究により博士号を取得され、その後も有機溶剤や農薬中毒など、多面的な内容の研究を精力的に進め、成果を多くの論文に発表して来られました。今回は、医療関係者に必要な産業中毒診断・予防の知識について、わかりやすくお話頂く予定となっております。

 「産業における技術革新の歴史は、新しい化学物質の職場への導入とともに新しい中毒が発生する歴史でもある。この30年間で労災補償統計に現れる産業中毒件数は大きく減少したが、新しい問題は常に起きており、医療関係者は中毒診断・予防のための最新の情報を身につけておく必要がある。本講演では、代表的な有機溶剤を例に、特に重症薬疹の影に隠れて見逃されうる中毒についてとりあげ、あわせて、有機溶剤使用職場における健康管理の考え方等、医療関係者が知っておくべき知識についても解説いただける予定です。」

多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先
小児科学教室 浅野 喜造(2367)
微生物学教室 辻 孝雄(2432)