第147回 医学セミナー(特別講演55回)
題目: 「筋組織内での異所性骨形成と難病FOP」
演者: 埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター 病態生理部門 部門長 教授
片桐 岳信 先生
日時: 平成22年4月23日(金)
17時15分〜18時45分
場所: 生涯教育研修センター 1号館 9階 901講義室
座長: 土田 邦博 先生

 片桐岳信先生は、北里大学大学院薬学研究科修了後、昭和大学歯学部助手、米国MDアンダーソン癌センター博士研究員等を経て、2007年から埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門部門長・教授を務めておられます。

 片桐先生は、骨形成因子 (Bone morphogenetic protein)について発見当初から研究に携わっており、BMPによる骨形成の研究で知られています。現在頻用されている、C2C12細胞を用いた、BMPによるアルカリホスファターゼ陽性の骨芽細胞へ分化誘導する実験系の樹立者です。

 最近では、筋組織内で異所性骨化が進行する難病として知られる進行性骨化性線維異形成症(FOP)に関して、患者会等と連携しながら、厚労省FOP研究班のメンバーとして病態解明と治療法開発に取り組んでいます。

 多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先
微生物学教室 辻 孝雄(2432)
小児科学教室 吉川 哲史(9035)