第151回 医学セミナー
題目: 「気管支喘息のテーラーメード治療」
演者: 藤田保健衛生大学 医学部 呼吸器内科学II 教授
堀口 高彦 先生
日時: 平成22年9月2日(木)
17時15分〜18時45分
場所: 生涯教育研修センター 1号館 9階 901講義室
座長: 榊原 博樹 先生

 私は、昭和55年に名古屋保健衛生大学医学部医学科を卒業し、同大学病院呼吸器内科学教室に入局しました。昭和61年に本学大学院医学研究科を修了し、昭和62年に内科学講師,平成2年に第二教育病院に配属,平成10年に内科学助教授,平成22年1月1日より、呼吸器内科学II講座教授に就任いたしました。

 当病院での診療範囲は多岐にわたるため、呼吸器内科はもちろんのこと、幅広い臨床知識・救急対応の教育,医学論文の指導など、後輩の育成に尽力してきました。

 研究は、

  1. 気管支喘息(喘息)のテーラーメード医療の確立に関する研究
  2. 肺癌・間質性肺炎のマーカーに関する研究
  3. COPDの臨床的研究
  4. 局所麻酔下胸腔鏡検査
など呼吸器全般に渡ります。

 今回のセミナーでは、特に気管支喘息の病態と治療(テーラーメード治療)について最新の治療と今後の動向について解説させていただきます。

 多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先
微生物学教室 辻 孝雄(2432)
小児科学教室 吉川 哲史(9035)