第158回 医学セミナー
題目: 「HHV-6研究を振り返って:リサーチマインドはなぜ重要か 」
演者: 藤田保健衛生大学 医学部 小児科学
教授  吉川 哲史 先生
日時: 平成23年2月23日(水)
17時15分〜18時45分
場所: 生涯教育研修センター 1号館 9階 901講義室
座長: 谷口 孝喜 先生

 本学医学部を卒業後小児科医として約25年が経過し、その間小児科ではコモンな疾患である突発疹の病原体、HHV-6についての研究に邁進してきた。

それにより、本邦の血清疫学を皮切りに、初感染時の中枢神経合併症、移植患者におけるHHV-6再活性化とその臨床像など多くの新知見を世界に先駆け発見することができた。臨床から離れて基礎研究に従事した時期もあったが、病気の原因を追究し診断治療に応用するという一貫した目標があれば、最終的には病気の子ども達へその成果をフィードバックできるものと考えている。

 多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先
微生物学教室 辻 孝雄(2432)
小児科学教室 吉川 哲史(9035)