第165回 医学セミナー(特別講演67回)
題目: 「 スフィンゴ脂質研究の進展:脂質シグナリングから膜ダイナミックスへ 」
演者: 国立大学法人 北海道大学大学院 先端生命科学研究院附属 次世代ポストゲノム研究センター
センター長 五十嵐 靖之 先生
日時: 平成23年10月20日(木)
17時15分〜18時45分
場所: 生涯教育研修センター 1号館 9階 901講義室
座長: 武藤 多津郎 先生

 細胞膜脂質の一つであるスフィンゴ脂質は、近年細胞シグナル伝達や細胞膜ドメイン形成等の面からその機能解析や分子機構の研究が急速に発展している分野である。更に、基礎研究としてだけでなく、その成果にたって新しい免疫抑制剤の開発がなされ、肥満、糖尿病等の疾患の治療薬の開発が試みられるなど医学的応用研究も進みつつある。

 本講演では、演者の個人的な研究の歴史も踏まえ、スフィンゴ脂質研究の最近の進展を概括し、その将来の展望に触れたい。それによって若い人たちがこの分野に少しでも興味を抱いて頂けたらと願っている。

多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先
小児科学教室 吉川 哲史(9035)