第171回 医学セミナー
題目: 「 拡張期心不全のメカニズム解明と治療法の開発 」
演者: 藤田保健衛生大学 医学部 循環器内科学II
教授 井澤 英夫 先生
日時: 平成24年3月5日(月)
17時15分〜18時45分
場所: 生涯教育研修センター 1号館 9階 901講義室
座長: 尾崎 行男 先生

 急性心不全で入院した症例の約半数が左室駆出率が正常に保持されていることが、最近、数多く報告され、これらの心不全は左室拡張機能障害を基に発症した「拡張期心不全」と呼ばれている。

 拡張期心不全は収縮不全同様に予後が極めて不良であるにも関わらず、未だに予後改善に有効な治療薬が確立されていない。

 私たちは、拡張期心不全の原因が、冠微小循環障害、心筋線維化、心筋細胞内Ca動態異常であることを、心筋生検標本の病理および分子生物学的解析により明らかにした。さらに、ニコランジルやミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の拡張期心不全に対する有用性について検討した。

多くの教職員、学生さんの参加を歓迎いたします。

世話人・連絡先
小児科学教室 吉川 哲史(9035)