診療科別紹介
スタッフ紹介心臓血管外科について大動脈センターについて手術件数学 会
心臓血管外科
 私たち心臓血管外科は、診療の専門科に伴い担当を分担してより高度の診療を行うよう努めています。そして統合外科の一つとして、若い医師の卒後研修を行っています。心臓血管外科は先天性心疾患、虚血性心疾患、弁膜症、大血管及び末梢血管疾患、大静脈疾患などに対する手術を施行しております。
 最近は手術症例数が増加してきていますが、気持ちを引き締めて診療、研究及び教育に専念、患者さんのためになる良い医療を目指しています。

教授紹介
安藤太三
高木 靖
主任教授
●経 歴
 1985年 名古屋大学医学部卒業
 1985年 名古屋掖済会病院研修医
 1987年 名古屋掖済会病院心臓血管外科医員
 1991年 名古屋大学医学部胸部外科医員  1994年 The Toronto Hospital Division of cardiovascular Surgeryに臨床留学  1996年 名古屋大学医学部胸部外科医員
 2000年 名古屋大学医学部胸部外科助手  2002年 愛知県厚生連加茂病院心臓血管外科部長  2006年 藤田保健衛生大学心臓血管外科准教授  2013年 藤田保健衛生大学心臓血管外科・
     呼吸器外科教授
 2015年 藤田保健衛生大学病院 副院長
 現在に至る
●学会活動
 日本胸部外科学会
 日本心臓血管外科学会
 日本血管外科学会
 日本冠動脈外科学会
 日本外科学会
 日本人工臓器学会
 日本循環器学会
 日本心臓病学会
 関西胸部外科学会
 

 私の専門分野は心臓血管外科です。海外留学を含め、虚血性心疾患や弁膜症の治療を中心に診療を行ってきました。また、最近では大動脈疾患の手術やステントグラフトの手術も積極的に行っています。
 最近の高齢者の増加とともに動脈硬化に起因する大動脈瘤や冠動脈疾患が多くなってきました。これらの疾患では合併症をもった患者が多く、術後も慎重な管理が必要になります。このため医師だけではなく看護師やその他のパラメディカルの人達との協調性が必要ですし、大学ならではの集学的治療も大切です。
 心臓血管外科領域は、仕事量が多くて手間もかかり大変ではありますが、学生の教育や若い医局員の臨床教育のため、また私学の特徴を生かすためにも、手術を含めた臨床をしっかり行っていきたいと考えています。

SITE HOMEへ