本文へスキップ

本ホームページはI.E. ver.9 フォントサイズ 中(16P)を基準として構成しています。

事務局:藤田学園 医学・保健衛生学図書館内

〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98

年次総会ANNUAL GENERAL MEETING

開催概要

【特別講演】 開催日時:平成28年10月7日(金)13:15 ~ 14:15

 ■ 森 正樹 先生(大阪大学・大学院医学系研究科消化器外科学講座・教授)
    『 癌幹細胞とは? その臨床的意義 』

 ■ 講演抄録:外科医が行う研究は様々な領域に及ぶ。たとえばエビデンスを創出するための臨床試験、
       手術器具の開発、手術合併症軽減の工夫、手術成績向上のための工夫、疾患本態の解明など
       である。その中で、本日は疾患本態解明について癌幹細胞研究について講演させていただく。
        進行癌や再発癌を抗がん剤で治療すると、がんは小さくなり、場合によっては消えてなくなる。
       しかしその多くは数カ月から数年後に再発する。そして抗癌剤が効かなくなっていく。癌細胞の
       中には、抗癌剤にやられやすい癌細胞と、やられにくい癌細胞があり、前者は最近「癌幹細胞」と
       呼称されている。
        癌幹細胞は非常に手ごわい。抗癌剤の細胞外排出機能が高く、ストレス応答性の活性酸素への
       対応力に秀でている。そのため、癌幹細胞に対する創薬が喫緊の課題となっている。我々は、
       癌幹細胞を可視化することにより、癌幹細胞の性質を調べると同時に駆逐物質の検出に務めている
       ので、現時点での成果について発表する。
        他方、我々は、癌細胞をより穏やかな性質をもった細胞に作り替える「細胞リプログラミング」
       研究も進めている。生体内での安全性が確認されている3つのマイクロRNAを使って、正常細胞から
       iPS細胞を作成する方法を見出した。その3マイクロRNAを癌細胞に導入すると腫瘍形成能が著しく
       低下した。副作用の少ない治療法になる可能性があるため、あわせて紹介する。
        本講演が少しでもお役に立つようであれば幸いである。     

【シンポジウム】『児童虐待の諸相』 開催日時:平成28年10月7日(金)14:30~16:40

 ■ 溝口 史剛 先生(日本赤十字社 群馬県前橋赤十字病院・小児科 副部長)
    『 医療機関で虐待に対応するということ 』

 ■ 相田 典子 先生(神奈川県立こども医療センター・放射線科部長)
    『 画像診断から見た小児虐待 』

 ■ 高塚 尚和 先生(新潟大学・大学院医歯学総合研究科法医学分野・教授)
    『 法医学教室における児童虐待への対応 』

 ■ 新井 康祥 先生(あいち小児保健医療総合センター・心療科 医長)
    『 被虐待児の治療の実際 』

【研究最前線セミナー】 開催日時:平成28年10月6日(木)13:00~13:45

 ■ 大川 恭行 先生(九州大学・生体防御医学研究所・トランスオミクス医学研究センター
               トランスクリプトミクス分野・教授)
    『 トランスオミクス研究の新展開 -全ての遺伝子をみる- 』

第48回大会 世話人・実行委員会

世話人

    代 表: 磯部 一郎  (医学部・法医学)
         前田 耕太郎 (医学部・下部消化管外科学)
         山田 雅之  (医療科学部・放射線学科)

実行委員

      総 括
山本 直樹  (共同利用研究施設・分子生物学)       
      委 員
濱島 誠   (医学部・法医学)
平田 ゆかり (医学部・法医学)
越智 拓   (医学部・法医学)
花井 恒一  (医学部・下部消化管外科学)
升森 宏次  (医学部・下部消化管外科学)
遠藤 智美  (医学部・下部消化管外科学)
浅田 恭生  (医療科学部・放射線学科)
林  直樹  (医療科学部・放射線学科)
夏目 貴弘  (医療科学部・放射線学科)
平松 範子  (医学部・呼吸器内科)
      事 務
小久保 聡  (藤田学園医学会 事務局)
北田 志津雄 (藤田学園医学会 事務局)
中島 志保  (藤田学園医学会 事務局)
村崎 好恵  (藤田学園医学会 事務局)

バナースペース


演題募集要項
産学連携推進センター長賞選定要領(学内のみ)
学 会 誌

市民公開講座

藤田学園医学会

〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98

TEL : 0562-93-2425
FAX : 0562-93-2649
Mail : lib-2@fujita-hu.ac.jp

Produced by Naoki Yamamoto