グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  最新ニュース >  2016年度 藤田学園 学園祭 アセンブリ餅つき大会開催報告

2016年度 藤田学園 学園祭 アセンブリ餅つき大会開催報告


このエントリーをはてなブックマークに追加
10月24日、藤田学園学園祭で、アセンブリ委員会*1が中心となり、餅つき大会を開催いたしました。
ブースでは、ミャンマーからの大学院生・学生・教職員・地域の方々が、はっぴをまとってついた餅を振る舞いました。
外国人だけではなく日本人学生も初めての餅つきを体験し、「とても新鮮です。」と、日本独自の文化を楽しみました。
餅を試食した地域住民やご父兄の方からも「つきたてのお餅を食べられて本当にうれしい。」と喜びの言葉をいただき、餅をきっかけに学生や教職員との会話がはずみました。
毎年恒例となりつつある、本餅つき大会。来年も外国人留学生、地域住民、学生、教職員等の交流を深める良い機会としていきます。

*1アセンブリ委員会・・・本学独自のカリキュラム「アセンブリ」を運営する委員会です。学生は学部・学校の枠を越えて諸活動に取り組み、医療現場で重要な「チーム医療」の基礎を学びます。