グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  最新ニュース >  異文化看護研修を実施しました

異文化看護研修を実施しました


このエントリーをはてなブックマークに追加

ビクトリア大学

 3月6日から22日にかけて、「異文化看護研修」をオーストラリアメルボルンにあるビクトリア大学で実施しました。外国人患者の増加や医療の国際化を背景に、今後は、国内外を問わず活躍できる医療従事者の育成が求められています。
 今回は、看護の学生が「異なる国の医療・看護や人々の文化について学び、グローバルな視点を身に着けることで、自身の看護観を発展させる」ことを目標に、研修を企画いたしました。研修では、看護学科の学生15名が、多様な国籍や文化背景をもつ現地の学生との交流、豪州で働く日本人看護師の懇談、現地の看護学生の実習に参加しました。
 学生たちは、「多様な人種や国籍・宗教を認め合い配慮できる、看護師になりたいと思った。」「豪州では看護職に求められる技能範囲・知識・チームワークのコンセプトが先進的であり、両国の看護の長所・短所に気づくことができた。」等と、自身の学びを振り返りました。

研修の様子

現地の教員と

集合写真

研修の様子