グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  最新ニュース >  11/12 UNIMIB・FHU MOU締結10周年記念シンポジウム開催

11/12 UNIMIB・FHU MOU締結10周年記念シンポジウム開催


このエントリーをはてなブックマークに追加
本学とイタリアミラノビコッカ大学(UNIMIB)は、11月12日に“UNIMIB・FHU MOU10th Anniversary Medical Symposium”をANAクラウンプラザグランコート名古屋で開催しました。90名以上が参加し、英語での講演を聴講しました。 開会時には、両学のMOU締結10周年、また日伊国交150周年を記念し、来賓 として愛知県知事大村秀章様、在日イタリア大使館科学技術部長アルベルト・ メンゴーニ様、文部科学省高等教育局長代理 神野えりか様からご祝辞をいただ きました。  両学部代表者によるセッションでは、UNIMIB医学部国際交流担当の Marco Parenti教授が、両学の交流の歴史や50名以上に達する学生交換の実績 について話されました。岩田医学部長は、本学の 理念や今後のビジョンについて説明されました。後半は、6名の教授がそれぞれの研究内容を発表 されました。特にイタリアと日本は人口の高齢化にともなう共通の課題を抱えているため、画像診断・ 脳神経医学・ナノメディスンの分野における認知症 へのアプローチ、認知症患者への地域ケア、最新のロボットを使用したリハビリテーション医学等に ついて講演されました。お願いいたします。

UNIMIBから記念メダルが贈呈されました

全体会議