グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  研修医のページ >  研修医の症例等レポートについて

研修医の症例等レポートについて


このエントリーをはてなブックマークに追加
経験目標のうち頻度の高い症状、経験が求められる疾患・病態についてレポートの提出が必要です。

ページ内目次


作成・提出方法

1. レポートを作成する。
2. 印刷し、臨床研修センターへ提出。
・記入項目は変更しないこと。
 ※複数ページ可
 ※診療科より記入方法等の指定がある場合は、その方針に従ってください。
・必ずEPOC入力してから提出すること。
・「考察」には、鑑別診断・診断根拠等を特にしっかり記入すること。

指導医への確認は、臨床研修センターより依頼します。

提出項目

頻度の高い症状

症状を自ら診療し、鑑別診断を行い、レポートを提出すること。

 1.不眠
 2.浮腫
 3.リンパ節腫脹
 4.発疹
 5.発熱
 6.頭痛
 7.めまい
 8.視力障害、視野狭窄
 9.結膜の充血
 10.胸痛
 11.動悸
 12.呼吸困難
 13.咳・痰
 14.嘔気・嘔吐
 15.腹痛
 16.便通異常(下痢、便秘)
 17.腰痛
 18.四肢のしびれ
 19.血尿
 20.排尿障害(尿失禁・排尿困難)

経験が求められる疾患・病態

入院患者を受け持ち、診断、検査、治療方針について症例レポートを提出すること。

 1.脳・脊髄血管障害(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)
 2.心不全
 3.高血圧症(本態性、二次性高血圧症)
 4.呼吸器感染症(急性上気道炎、気管支炎、肺炎)
 5.食道・胃・十二指腸疾患(食道静脈瘤、胃癌、消化性潰瘍、胃・十二指腸炎)
 6.腎不全(急性・慢性腎不全、透析)
 7.糖代謝異常(糖尿病、糖尿病の合併症、低血糖)
 8.認知症(血管性認知症を含む。)
 9.気分障害(うつ病、躁うつ病を含む。)
 10.統合失調症

上記30症状・疾患以外にCPCレポート、外科症例レポートの提出も必要です。