藤田学園共同利用研究施設規程施行細則


施行 2000(H12)4.1


(目 的)
第1条 この施行細則は、藤田学園共同利用研究施設規程第8条により、共同利用研究施設(以下、共利研という)における施設の利用に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(管理運営)
第2条 共利研の管理運営は、共利研施設長(以下、施設長という)が行う。

(利用者)
第3条 共利研の利用を申請できる者は、次の各号による。
(1)学校法人藤田学園(以下、本学園という)の教職員
(2)その他運営委員会の審議を経て施設長の許可を得た者

(利用の申請)
第4条 共利研の利用を希望する者は、利用申請書(別紙様式第1号)を施設長に提出するものとする。
  2 利用申請の受付は、年度毎に管理する。

(利用の承認)
第5条 前条の規定による申請は、運営委員会で申請の内容の適否について審議する。
  2 前項の承認された申請は、利用申請書に年度毎の課題番号を付して、施設長から利用者へ承認の通知を行う。

(利用期間)
第6条 共利研の利用期間は、当該年度とする。
2 年度を超えて引き続き利用を希望する利用者は、改めて第4 条の規定に基づく申請を行わなければならない。

(利用時間)
第7条 共利研の利用時間は、原則として本学園の休業日を除く午前9時から午後5時までとする。ただし、施設長の許可を得た場合はこの限りではない。

(変更の届出)
第8条 共利研の利用が承認された利用者は、申請書の記載事項に変更が生じたときは、速やかにその変更事項を施設長に届け出て、運営委員会で承認を受けなければならない。

(利用許可の取り消し)
第9条 施設長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、運営委員会の審議を経て利用を取り消すことができる。
 (1)この施行細則又は別に定める使用心得に違反したとき
 (2)共利研施設の運営に重要な支障を生じさせたとき
 (3)その他共利研施設の運営上特別な必要が生じたとき

(施設利用の責務)
第10条 利用者は、本学園の規程及び施行細則並びに関係法令を遵守しなければならない。

(講習会)
第11条 共利研は、機器の操作方法等に関する講習会を開催するものとする。

(機器運用責任者)
第12条 施設長は、機器の操作、操作の指導及び維持に関する運用業務を行うため、機器毎に機器運用責任者を置く。

(機器の使用)
第13条 共利研の機器を使用する時は、次の各号による。
(1)操作の認定が必要な機器は、機器運用責任者が許可する利用者に限る
(2)利用者は機器運用責任者の定めた使用心得を厳守し、備え付けの使用記録簿に必要事項を記入しなければならない
(3)共利研施設へ実験研究に必要な機器類を持ち込む場合は、「共利研施設への機器備品持込票」に明細を記入し、施設長の許可印を受け、機器に貼付する。ただし、短期間(3ヵ月以内)の持ち込みは、この限りではない

(機器使用料)
第14条 共利研の機器使用料が設定されている機器は、次の各号による。
(1)使用料が設定されている機器を使用する利用者は、別に定める機器
使用料を支払うものとする
(2)機器使用料は、月単位で精算し、その費用は教員研究費等から支払うことができる
(3)機器使用料は、運営委員会の決定により、実情に応じて変更することができる

(機器の破損及び紛失)
第15条 利用者が故意又は過失により共利研施設及び機器を滅失又は棄損したときは、速やかに原状に復さなければならない。
  2 前項の原状回復にかかる費用は、利用者が負担することを原則とする。

(異状時の措置)
第16条 利用者は、機器の操作中その機器に異状を認めたとき又は測定結果の異状を認めたときは、直ちにその機器の操作を中止するとともに共利研教職員に連絡しなければならない。
  2 前項に規定する測定結果の異状が機器によるものであると施設長が認めたときは、第14条に規定する機器使用料は徴収しない。

(報告)
第17条 利用者は、施設長から施設設備の利用に係る事項について報告を求められた場合は、報告書等を提出しなければならない。

(雑則)
第18条 この施行細則に定めるもののほか、施設の利用に関し必要事項は、別に定める。







       附     則

1.この細則は昭和50年2月1日から施行する。
2.この改正細則は昭和61年4月21日から施行する。
3.平成12年4月1日「藤田保健衛生大学共利研施設の使用細則」を一部改正し、かつ「藤田学園共同利用研究施設規程施行細則」とする。
4.平成21年4月1日一部改正