2017 藤田保健衛生大学医学部 第6学年 〈選択制総合医学〉
56/70

55 講座名 内分泌外科 責任者 日比八束 受入学生数 2名 実習期間 6週間コ-スおよび3週間コースのいずれでも可 実習内容 内分泌外科における実習では、臨床面での実習を主として行う。当科では、内分泌疾患として甲状腺、上皮小体、副腎の腫瘍性病変の診療を行っており、外来および入院患者の診察、検査、診断、治療について経験してもらう。この際には、実際の手技はもとより、その適応や方法の選択などについて指導を受けることになる。定期的に行っている抄読会や症例検討会、学外での研究会などにも積極的に参加してもらう。 講座名 乳腺外科 責任者 内海俊明 受入学生数 約3名 実習期間 6週間コース、分割(3週間)コースどちらでも可 実習内容 1.病棟 受け持ち患者さんを中心に診療に参加する。病棟回診につく。病棟カンファランスに出る。 2.外来 外来に立ち会い、問診・視触診を行う。 マンモグラフィ、乳房超音波検査の実際と読影を学ぶ。その他細胞診、針生検の手技を学ぶ。 3.手術 手術の適応を学び、実際の手術に立ち会い、経験する。 4.マンモグラフィ、乳房超音波検査の読み方を学び国試に役立てる。 5.病理標本の切り出し、カンファランスに出る。 近年急増している乳がん患者さんに触れ、検査の意義と適応ならび治療法について学ぶ。抄読会、研究会にも出席し乳腺疾患の最先端の知識にも触れる。また、患者会に出席して患者さんの生の声を聞くことも将来の糧になるであろう。

元のページ 

page 56

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です