2016-17 藤田保健衛生大学医学部 第4・5学年
95/302

Student Doctorの実施する医行為とレベル区分レベル個別同意医行為診察Ⅰ○患者と良好なコミュニケーションを構築するⅠ×患者のプライバシーに配慮するⅠ○消化器疾患の患者の問診を行い、その記録を作成するⅠ×バイタルサインの把握するⅠ○腹部(視診、聴診、打診、触診)の診察し、その所見を記録するⅠ×重症度、緊急度を鑑別するⅠ×問題志向型医療記録(POMR)を記載するⅠ×鑑別診断を挙げるⅠ×症例プレゼンテーションを行う検査Ⅰ○腹部超音波検査を行い、その所見を検討し診断するⅠ×腹部レントゲン写真を読影するⅠ×腹部CT/MRI画像の所見を検討し診断する治療Ⅰ○採血(末梢動脈、血管留置カテーテル)をするⅠ○注射(皮下、筋肉、静脈)をするⅡ-ERCP・PTCD造影検査を見学、介助し、医師とともに読影・診断する。Ⅱ-腹部血管造影検査を見学し、医師とともに読影・診断する。Ⅱ-RFAを見学、介助し、医師とともに読影・診断する。Ⅱ-中心静脈カテーテル挿入を見学し、その目的、適応、部位、手順、合併症などを説明できる。Ⅱ-胸水、腹水などの穿刺、ドレナージを見学し、その目的、適応、部位、手順、合併症などを説明できる。 レベルⅠ:指導医の指導・監視下で実施する レベルⅡ:指導医の実施の介助・見学をする 個別同意:患者個別同意を必要とする医行為は「○」、不要は「×」レベルⅡの医行為は、原則、個別同意を不要とする93肝胆膵内科

元のページ 

page 95

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です