アイコン HOME > 診療実績 > 脳腫瘍

脳腫瘍

脳腫瘍について

脳腫瘍とは頭蓋骨の内側にできた腫瘍です。脳内の組織から発生した腫瘍を原発性脳腫瘍といい、癌などほかの臓器から転移してきたものを転移性脳腫瘍と言います。原発性脳腫瘍の発生頻度は年間10万人に16.5人発生するといわれています。
原発性脳腫瘍では代表的なものとして(1)神経膠腫(グリオーマ)(2)髄膜腫(3)下垂体腺腫(4)神経鞘腫などが挙げられます。
当院ではこれらの脳腫瘍の手術を年間約130例行っております。

(1)神経膠腫(グリオーマ)

神経膠腫(グリオーマ)とは脳そのものから発生する腫瘍で、神経膠(グリア)細胞あるいはその元になっている細胞が腫瘍化したものと考えられています。神経膠(グリア)細胞にはいくつかの種類があり、したがって神経膠腫にもいろいろな種類があります。腫瘍の性格は良性ものものもあれば悪性のものもあります。

グリア細胞
星細胞、乏(稀)突起膠細胞、脳室上衣細胞 など
神経膠腫(グリオーマ)
星細胞腫、乏(稀)突起膠腫、脳室上衣腫 など

神経膠腫は、治療を行わないとほとんどの場合進行しますが、その速さはまちまちです。脳そのものの腫瘍であることから、脳を傷つけずに切除することはできません。MRI・CT検査では脳の「腫れた」状態と区別が困難なこともありますが、造影剤によって描出される場合もあり、こうした検査所見から脳のどの部分にどれくらいの広さで腫瘍が存在するかを検討することが治療方針を決める上で重要です
治療については手術治療、化学療法、放射線治療があります。
まず手術により腫瘍の病理診断(どのようなタイプの腫瘍か顕微鏡で診断する)と可能な限りの腫瘍組織の摘出を行います。神経膠腫の手術では可能な限りの摘出が重要であるといわれております。当院ではより多くの腫瘍細胞を摘出するため術中ナビゲーションシステムや、腫瘍組織を発光させる色素(5ALAといいます)を用いて手術を行っています。また、言語や手足の運動に関する領域を手術する場合には、脳表の電気刺激を行い運動機能のマッピングを行うことで術後の後遺症を少なくする工夫を行っています。
術後の化学療法は現在、テモダールという薬を中心とした治療を行っております。また摘出した腫瘍から抽出した遺伝子を解析し、個々の患者様にあったテーラーメイドの治療をしています。

図1:神経膠腫(MRI)

(2)髄膜腫

髄膜腫は脳表を被っている髄膜から発生し、脳を外側から圧迫します。原発性脳腫瘍の21%を占め、もっとも頻度の高い腫瘍です。良性脳腫瘍で全摘出できれば再発も少なく生命予後も良好です。近年脳ドックで発見されることが多くなっています。小さなサイズで無症状のものは経過観察しますが、3cm以上の大きなものや、症状を認めるものは治療の適応になります。治療は手術による摘出が標準的です。
脳表に発生するものは全摘出可能ですが、頭蓋底部、脳深部などに発生するものは全摘出困難なものもあります。当院では頭蓋底手術手技、腫瘍血管塞栓術などの手技を用いてこの様な摘出困難な腫瘍も積極的に摘出を試みています。また形成外科、耳鼻科などと合同で多方向からの手術アプローチを行っています。
残存した腫瘍に対してはガンマナイフ(注1)を照射し腫瘍再増大を抑制することもあります。

図2:髄膜腫(MRI)

(3)下垂体腺腫

下垂体腺腫はホルモン分泌器官の脳下垂体から発生する良性腫瘍です。
年間1万人に1人発生し全脳腫瘍の中で3番目に多く、脳腫瘍全体の20%弱を占めます。
症状は腫瘍の圧迫によるものと腫瘍より分泌されるホルモンによるものとに大別されます。腫瘍が真下から視神経を上方に圧排することによる視力・視野障害が代表症状です。また三叉神経の刺激に伴う目の奥の痛みが見られることもあります。
ホルモン分泌型腫瘍の場合、プロラクチン分泌型では乳汁分泌、女性では無月経、男性では男性機能低下を認めます。プロラクチン分泌型に対しては内服薬により腫瘍縮小やホルモン値の低下が見られることが多く、腫瘍の大きさや薬の副作用など特別な場合を除き内服薬での治療が優先されます。
成長ホルモン分泌型では小児で巨人症、成人で末端肥大症を呈します。また動脈硬化が進行しいわゆる成人病の発生率が上がります。
副腎皮質刺激ホルモン分泌型では肥満、高血圧、多毛、心不全などの徴候を呈します。
ホルモン分泌の有無にかかわらず、腫瘍が大きな場合には正常下垂体の機能不全を呈することもあります。
手術の目的は腫瘍による周囲組織の圧迫を解除することと、ホルモン分泌型の場合はホルモン値を正常に近づけることにあります。
手術は経鼻法といって、鼻の穴から副鼻腔を経由して腫瘍に到達する方法で行います。
当院では神経内視鏡を用いており、低侵襲でかつ腫瘍摘出率を上げる手術に心がけています。

 
図3・4:下垂体腺腫(MRI)

(4)神経鞘腫

神経鞘腫は脳から直接で出る脳神経から発生する良性脳腫瘍です。聴神経鞘腫が最も多く、次に三叉神経鞘腫、舌咽神経鞘腫の順に見られます。
聴神経鞘腫では難聴で見つかることが多いです。
神経鞘腫は3cm以下のものでは近年はガンマナイフ治療(注1)を行うケースが増えています。
手術治療では脳神経の機能を温存し腫瘍を摘出することが重要になってきます。
当院では、各脳神経をモニタリングし脳神経機能を温存した腫瘍摘出を行っています。
聴神経鞘腫では腫瘍表面に顔面神経が癒着しているため顔面神経モニターを使用し機能温存に心がけています。聴力機能が残存しているケースでは聴性脳幹反応も併用します。
舌咽神経鞘腫では声帯モニターを使用し嚥下障害を最小限に抑える手術を行っています。
三叉神経鞘腫では頭蓋底手術手技を用いて腫瘍摘出を行っています。
当科では神経鞘腫は良性脳腫瘍であるため出来る限りの腫瘍摘出を目標としておりますが、脳神経モニタリングを行い脳神経機能温存第一とした手術を心がけています。

(5)転移性脳腫瘍

近年転移性脳腫瘍の頻度は増加傾向にあります。体の他の部位に原発巣がありいくつかの臓器に転移していることが多く、発見された時点で末期がんであると考えられます。
治療は患者さまの症状の緩和を第一の目標とします。
転移性脳腫瘍の原発巣としてもっとも多いのは肺がんで約半数を占めています。第2位は乳がんで第3位は消化器系のがん(大腸がん、胃がんなど)です。
近年では低侵襲な治療であるガンマナイフ治療(定位放射線手術)(注1)が多く行われ、かなりの率で病状をコントロールできるようになりました。
一般的に3cm以内で多発病巣ではガンマナイフ(注1)を第一選択としておりますが、当科では3cm以上で単発病巣や、小脳転移病巣(生命中枢である脳幹を圧迫するケース)は積極的に摘出を行い良好な成績を得ています。

   
図5・6・7:転移性脳腫瘍(肺がん)

注1:当院にガンマナイフ治療の施設はありませんので、ガンマナイフ治療の行える近隣の病院へご紹介しています。