アイコン HOME > 診療実績 > 脊椎・脊髄疾患

脊椎・脊髄疾患

このような患者さまはご相談ください

  • 1. 手、足のしびれ、痛み、運動障害、腰痛、歩行障害
  • 2. 他院にて脊椎(頚椎、腰椎)の病気と言われている。
  • 3. 頚椎、腰椎の病気で手術を勧められている。

概要

 脳神経外科では、様々な脊椎(頚椎、胸椎、腰椎)の病気にたいして治療を行っています。顕微鏡手術、内視鏡手術、レーザー手術など、低侵襲で術後が楽な治療法を幅広く行っています。
そしてこれらの治療法の中から最も適した、最善の治療を提供しています。藤田保健衛生大学脳神経外科では1,500例以上の手術を行い良好な成績を得ています。

学会認定資格

資格認定を日本脊髄外科学会より受けております。

  • 脊髄外科学会認定指導施設(指導施設番号9)
  • 脊髄外科学会指導医(井上 辰志)

この他に脳神経外科学会専門医、脳卒中学会専門医、救急学会専門医を持った医師が診療にあたっていますので、神経、脊髄・脊椎疾患に幅広く対応しています。

このような病名の治療を行っています

■頚椎疾患
1. 頚椎椎間板ヘルニア
2. 頚椎後縦靭帯骨化症
3. 頚部脊柱管狭窄症
4. 頚椎・頚髄腫瘍
■胸椎疾患
1. 胸椎椎間板ヘルニア
2. 胸椎後縦靱帯骨化症
3. 胸椎黄色靱帯骨化症
4. 胸椎・胸髄腫瘍
■腰椎疾患
1. 腰椎椎間板ヘルニア
2. 腰部脊柱管狭窄症
3. 腰椎すべり症
4. 腰椎・仙骨部腫瘍

この他に キアリー奇形、脊髄空洞症、脊髄動静脈奇形、脊椎外傷(骨折)、神経機能再建手術、難治性疼痛治療を積極的に行っています。
頚椎・胸椎疾患は500例、腰椎手術は1000例以上の症例数です。
顕微鏡手術が基本で、この他に低侵襲で術後が楽な内視鏡手術、レーザー治療も行っていますのでご相談ください。病名がわからない場合もご相談ください。

入院期間

入院は頚椎、腰椎椎間板ヘルニアで平均10日間、腰椎すべり症で14日程度です。

手術成績

合併症は顕微鏡手術により殆どありません。

  • ・頚椎椎間板ヘルニア再手術例 0
  • ・腰椎椎間板ヘルニアの再発率 1%以下

腰椎すべり症は全国的に最も多い手術数で、良好な成績を得ています。

関連施設(脳神経外科関連)

  • ・すこやかクリニック
  • ・あべクリニック
  • ・杉石病院
  • ・八千代病院
  • ・トヨタ記念病院
  • ・浅井クリニック
  • ・藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院