藤田医科大学産婦人科学教室の沿革

  • 1972年(昭和47年) 名古屋保健衛生大学医学部 開設

  • 1972年(昭和47年) 福島 穰 主任教授就任

  • 1973年(昭和48年) 名古屋保健衛生大学病院開設

  • 1978年(昭和53年) 医学部 第1回卒業生卒業・入局

  • 1984年(昭和59年) 藤田保健衛生大学(病院)に改称

  • 1988年(昭和63年) 河上征治 主任教授就任

  • 1999年(平成11年) 宇田川康博 主任教授就任

  • 2007年(平成19年) 産科病棟移転(3-11病棟)
                                   婦人科(2-7病棟)

  • 2010年(平成22年) 坂文種報徳會病院と講座統合

  • 2013年(平成25年) 藤井多久磨 主任教授就任

  • 2013年(平成25年) MFICU病棟開設

  • 2018年(平成30年) 新B棟開設・産婦人科外来および病棟移転

  • 2018年(平成30年) 総合周産期母子医療センターに指定

  • 2018年(平成30年) 藤田医科大学(病院)に改称

当教室歴代教授の専門分野

  • 福島穰教授 :周産期医学

  • 河上征治教授 :生殖医学

  • 宇田川康博教授 :腫瘍学

  • 廣田穰教授 :婦人科内視鏡手術

  • 多田 伸教授:周産期医学

  • 関谷隆夫教授:周産期医学、超音波医学

  • 藤井多久磨教授:婦人科腫瘍学、悪性婦人科内視鏡手術

  • 西澤春紀教授 :周産期医学、内視鏡手術、周産期遺伝子学


各教授の専門分野を中心に産婦人科学の裾野を着実に広げ、幅広い見識と医療技術を身につけた有能な産婦人科医を多数輩出しています。

1. 目標

 リサーチマインドを持った医師の育成

2. 基本理念

 患者さんに信頼される医療をおこないます
 正しい知識や高い技術に裏打ちされた診療をめざします
 人類愛に満ち溢れた医療人の育成をおこないます


3. 基本方針

 患者さんに最善の医療サービスを提供することを目標として掲げ、患者さんの気持ちに配慮した診療
 を行います。次の世代においては標準治療となるような先進的な医療を展開し、その診療エビデンスは
 臨床研究を通し構築します。チームとして診療を行うことで、同僚との絆を大切にしながら切磋琢磨
 し、診療技術向上を目指します。

教授紹介 

先進的手術の普及を目指して

藤井 多久磨 主任教授

Takuma Fujii

出身大学:慶應義塾大学

専門・実績

■専門:内視鏡手術/婦人科悪性腫瘍
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、母体保護法指定医、日本専門医機構専門医、日本産婦人科手術学会指導医

■所属学会(役職等)
日本産科婦人科学会・理事、日本婦人科腫瘍学会・理事、日本臨床細胞学会・理事、日本産科婦人科内視鏡学会・常務理事、日本内視鏡外科学会、日本癌学会、日本癌治療学会、婦人科悪性腫瘍研究機構、日本産婦人科手術学会・理事、日本臨床腫瘍学会、日本生殖医学会、日本女性医学学会、日本婦人科ロボット手術学会・理事、日本胎盤学会、SNNS研究会、日本周産期・新生児医学会、International Gynecologic Cancer Society、Asian Society of Gynecology Oncology、Clinical Robotic Surgery Association、東海産科婦人科学会・理事、愛知産科婦人科学会・理事、愛知県産婦人科医会・顧問、日本臨床細胞学会東海連合会・総務幹事、愛知県臨床細胞学会・会長、日本婦人科がん会議・世話人、産婦人科子宮・卵巣温存療法研究会・世話人、女性骨盤解剖研究会・世話人、遺伝性腫瘍研究会・世話人、東海漢方診療教育研究会・世話人、名古屋骨を守る会・幹事

患者さまへのメッセージ

【悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術】
婦人科悪性腫瘍も腹腔鏡手術で行う時代が到来しています。当院での豊富な内視鏡手術の実績をもとに悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術とロボット支援手術の準備が整いました。初期子宮体がん・初期子宮頸がんで手術を考えられている方、是非とも一度ご相談ください。

【子宮頸部温存治療について】
最近では若い女性の子宮頸がんが増えています。初期子宮頸がんおよび高度前がん病変(高度異形成・上皮内癌)は早期に発見できれば治癒可能で、妊娠・出産も可能です。我々は豊富な経験と実績(妊娠・出産例)を基に子宮頸部円錐切除術や広汎性子宮頸部摘出術を行っております。

"Fetus as a Patient"
胎児も患者さんとして診ています。

関谷 隆夫 教授

Takao Sekiya

出身大学:日本医科大学

専門・実績

■専門:周産期医学,超音波医学
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医・指導医、母体保護法指定医、日本超音波医学会・超音波専門医・指導医(産婦人科領域)、日本周産期新生児学会・暫定指導医、マンモグラフィ読影医(B1)
■所属学会(役職等)
日本産科婦人科学会・代議員、日本母体胎児医学会・会長・常任幹事、日本妊娠高血圧学会・評議員、日本産婦人科乳腺医学会・幹事、日本超音波医学会卵巣腫瘍委員会・委員長、日本超音波医学会中部地方会・運営委員、新胎児学研究会・幹事・監事、中部出生前医療研究会・世話人、愛知胎児心臓病研究会・代表世話人、東海産婦人科学会・評議員、愛知産婦人科学会・評議員、愛知県産婦人科医会・理事、愛知県母性衛生学会・理事、愛知分娩監視研究会・世話人、愛知県周産期医療協議会オブサーバー・委員、新生児蘇生法専門コース修了

超音波検査を用いた画像診断に関する研究を行っております。
婦人科領域では女性性器の形態異常や腫瘍の診断、周産期領域では胎児出生前診断、胎児 well beingの評価、母体の早産予知、胎盤や臍帯異常の診断など妊娠・分娩・産褥に関わる多くの問題をテーマとしております。 さらに、医療連携や画像診断技術の向上のために地域の勉強会や全国的な講習会も積極的に行っております。

セールスポイント

私の専門とする超音波検査は、生殖器や胎児に対する影響が少なく、産婦人科において第一選択となる画像診断法です。
本法を用いて早期から正確な診断を受けることは、患者さんやこれから生まれてくる胎児にとって、最適な医療を受けるための重要なプロセスともいえます。最高の診断は最高の治療に繋がるものと考えて精進しております。

また当院では、2018年に新築されたB棟におきまして一般産科病棟・母体胎児集中治療室(MFICU)・新生児集中治療室(NICU)を一つのフロアに集中整備し、総合周産期母子医療センターをオープン致しました。
ここでは、産科と小児科の密接な連携の下、医師をはじめ看護スタッフやメディカルソシアルワーカーが協力し、ローリスクの一般妊産婦の皆様に対する安心安全な分娩管理はもとより、妊娠の異常や合併症を持っておられる母体の皆様や厳重な管理を必要とする胎児に対しても高いレベルの医療を提供致しております。

「信頼される医療の実践」と「次世代に向けた医療の提供」を目指して

西澤 春紀 教授

Haruki Nishizawa

出身大学:藤田医科大学

■専門: 内視鏡手術・ロボット手術・周産期医学・臨床遺伝学
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医・指導医、母体保護法指定医、日本周産期新生児医学会・周産期(母体・胎児)専門医・指導医、日本人類遺伝学会・臨床遺伝専門医、日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医、日本内視鏡外科学会・技術認定医、日本婦人科ロボット手術学会・婦人科ロボット支援手術プロクター 、日本ロボット外科学会・専門医(国内A級)
■所属学会(役職等)
日本産科婦人科学会・代議員、東海産科婦人科学会・評議員、日本産科婦人科内視鏡学会・評議員・審査委員、中部生殖医学会・ブロック評議員、愛知分娩監視研究会・世話人、中部出生前医療研究会・世話人、日本母体胎児医学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本産婦人科手術学会、など

セールスポイント

臨床においては、専門領域に偏ることなく、産婦人科全領域に及ぶ診療活動を行っていますが、特に婦人科内視鏡手術やロボット手術では、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮悪性腫瘍等を中心に多くの手術実績があります。また、妊娠高血圧症候群や子宮内胎児発育遅延等の重篤な周産期疾患の予後改善に向けた新たな診断や治療を実践してきました。さらに、重篤な遺伝子・染色体疾患に対する遺伝子解析技術を応用した出生前診断や着床前診断等にも積極的に取り組んでいます。
研究においては、産婦人科疾患に対する基礎的かつ臨床的研究を継続して行っており、DNAマイクロアレイや次世代シーケンサーなどの先進的技術を積極的に導入するとともに、基礎研究室との共同研究など幅広い活動を展開しながら、次世代に向けた新規診断法や治療法の開発に努めています。

スタッフ紹介 

西尾 永司 准教授

Eiji Nishio

出身大学:藤田医科大学

■専門:不妊/更年期/内視鏡手術
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医・指導医、日本生殖医学会・生殖医療専門医、日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医、日本内視鏡外科学会・技術認定医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医・指導医、日本東洋医学学会専門医・指導医

野村 弘行 准教授

Hiroyuki Nomura

出身大学:慶應義塾大学

■専門:婦人科悪性腫瘍・内視鏡手術・がん薬物療法
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医、日本内視鏡外科学会・技術認定医、母体保護法指定医

宮村 浩徳 講師

Hironori Miyamura

出身大学:藤田医科大学

■専門:内視鏡手術・不妊・周産期医学・臨床遺伝学
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医・指導医、日本周産期新生児医学会・周産期(母体・胎児)専門医・指導医、日本人類遺伝学会・臨床遺伝専門医、日本生殖医学会・生殖医療専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医、日本内視鏡外科学会・技術認定医、母体保護法指定医

森山 佳則 講師

Yoshinori Moriyama

出身大学:名古屋大学

■専門:産婦人科一般、周産期医学
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医、母体保護法指定医師、日本産科婦人科遺伝診療学 会・認定医(周産期)、日本女性心身医学会認定医、臨床研修指導医、新生児蘇 生法「専門」コースインストラクター、日本母体救命システム普及協議会・ベー シックコースインストラクター、緩和ケア研修会修了、日本メディカルAI学会・ 公認資格
機械学習・深層学習基礎コース/メディカルAI専門コース修了

市川 亮子  助教

Ryoko Ichikawa

出身大学:富山大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、母体保護法指定医

伊藤 真友子  助教

Mayuko Ito

出身大学:三重大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医・指導医、日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医、日本内視鏡外科学会・技術認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

坂部 慶子  助教

Yoshiko Sakabe

出身大学:埼玉医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医

金尾 世里加  助教

Serika Kanao

出身大学:兵庫医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医

會田 訓子 助教

Noriko Aida

出身大学:千葉大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医

大脇 晶子  助教

Akiko Owaki

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医、母体保護法指定医

川原 莉奈  助教

Rina Kawahara

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  
日本産科婦人科学会・専門医

尾﨑 清香  助教

Sayaka Ozaki

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等
日本産科婦人科学会・専門医  

吉澤 ひかり  助教

Hikari Yoshizawa

出身大学:愛知医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

溝上 和加  助教

Waka Mizokami

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

水野 雄介  助教

Yusuke Mizuno

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

高橋 龍之介  助教

Ryunosuke Takahashi

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

三谷 武司  助手

Takeji Mitani

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等

山田 芙由美  助手

Fuyumi Yamada

 

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

小谷 燦璃古  助手

Kiriko Kotani

 

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

中島 葉月  助手

Hazuki Nakajima

出身大学:藤田医科大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

鍋谷 望  助手

Nozomi Nabetani

 

出身大学:弘前大学

■専門:産婦人科一般
■認定医・専門医等  

出張中

助教:宮崎 純(みやざき じゅん)

助教:高田 恭平 (たかだ きょうへい)

助手:等々力 彩 (とどろき あや)

助手:成宮 由貴 (なるみや ゆき)