子宮頸がん

1.20歳台の異形成
 20歳台で子宮頸部に異形成(前がん病変)があると指摘された場合、治療は慎重に行うべきと我々は考えています。当院ではいくつもの検査を組み合わせて、病状に合わせた最適な診療方針を提案しています。これから妊娠を考えている患者さんが、病変の進行を恐れて頸部を大きく切除してしまうと妊娠・出産に影響を及ぼす可能性があります。病状によってはしばらく経過を見る方法や蒸散術なども方法の一つです。


2.子宮温存治療
 不幸にも子宮頸がんと診断されても、未婚であったり、子供が欲しいという希望がある場合には子宮温存治療が可能な場合があります。この手術は適用がとても重要です。当科では豊富な手術経験に基づいた適切な助言ができると思いますので、まずは受診してみてください。


3.手術療法
 若年者の早期浸潤がんであれば、手術をお勧めしています。手術では子宮のほかにリンパ節を摘出しますが、その方法は施設によって違います。従来の開腹手術のほかに傷の小さな腹腔鏡、そのほかロボット技術を用いた方法も選択肢の一つです。これらは先進的な治療ですので、費用にも違いがあります。我々は患者さんの病状に応じ最適な方法を提案しています。術後の下肢のリンパ浮腫においては術式の改良やリハビリ科との共同による診療で症状の出現は昔と比べるとかなり少なくなっています。排尿障害については病状による術式の違いや患者さんの身体の仕組みの違いが大きく影響します。すなわち、個人差がかなりあるのですが、手術においては根治性を保ちつつ排尿に関わる神経をなるべく温存するように努めています。


4.放射線治療
 子宮頸がんの治療においては手術以外に放射線治療も有効です。当科では放射線治療の専門医と緊密な連絡をとり、個別に治療方針を確認しながら診療にあたっています。放射線は機器も重要ですが、診療にあたるチームとしての技量も重要です。抗がん剤を併用しながら行う治療もあります。病状により、治療計画は異なりますので、患者さんとは相談しながら決めていきます。


子宮頸がん症例数



子宮体がん

 子宮体がんでは早期に発見されることが多く、適用を慎重に検討したうえで、基本的には腹腔鏡による手術を第一にお勧めします。腹腔鏡による手術は、すでに保険適用されており、一般的な手技となっています。開腹手術に比べ、術後の身体の回復が早いのが特徴です。がんの種類や進行具合によっては開腹手術を第一にお勧めすることもあります。子宮頸がんは治療前にステージ(臨床進行期)を決めますが、子宮体がんは原則として手術後にステージを決めます。術前にCTなどの画像検査にて転移が明らかでなかったとしても、術後の病理検査で転移が判明することがあります。この場合には追加の治療が必要です。治療前に治療全体の流れを知っておくと、治療に前向きになれるのではないかと思います。


子宮体がん症例数



卵巣がん

 卵巣がんは早期発見が難しい疾患で、発見時には他臓器にも転移している可能性があります。手術においては腫瘍をできるだけ取り除くことが重要で、腸などの他臓器切除も必要な場合があります。そのため手術に際しては、長時間に及ぶ場合もありますが、当科では腫瘍をできるだけ取り除く方針で治療を進めています。状況に応じて抗がん剤を手術前に投与し、がんの進行を抑えてから手術を行う場合や、手術を2回に分けて行う方法もあります。


卵巣がん症例数


臨床試験・治験

 大学病院では今の医療技術を発展させるという社会的使命があります。科学・技術の発展により今後も様々な新しい方法があみだされてきます。その新しい方法が、本当に患者さんにとって良いことなのかどうかについて調べることが重要です。臨床試験・治験というのは、新しい技術や薬などが本当に今の診療と比べて有益なものかどうかを調べるものです。現在の診療は過去の経験やデータに基づいて行われていますが、これは過去において臨床試験・治験を経て科学的に有用であると証明されていることが多いのです。新しい医療を構築するために、これらの試験・治験を行い、有効と認められたものだけが、次の医療へと引き継がれていきます。産婦人科では様々な試験を率先して行っています。これらの試験に参加することによる患者さんのメリットもあります。該当する患者さんにおいて、その詳細は担当医師から説明があります。是非ともご協力のほどよろしくお願い申し上げます。



当科の治療成績

当科で2005年1月〜2012年12月に治療を行った子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌患者の治療成績