生殖補助医療

我々は、日本生殖医学会専門医,臨床遺伝専門医や日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医等の資格を有する不妊治療に精通した専門医からなるグループで診療に従事しております。診療内容は、一般的な不妊検査・治療はもちろんのこと、高度生殖補助医療技術(体外受精)や着床前診断まで対応することが可能です。体外受精の刺激法はAMHをもとに、ロング法、ショート法、GnRHアンタゴニスト法や、薬を一切使用しない完全自然周期法を使い分けております。また、子宮筋腫や子宮内膜症等の不妊症の原因となる疾患に対して手術が必要な場合にも、低侵襲で高度な先進的内視鏡手術を提供できるものと考えております。



ART成績

  2015年 2016年 2017年
採卵周期 202周期 182周期 182周期
  凍結胚 84(41.5%) 56(45.9%) 62(34.4%)
  新鮮胚 21(10.4%) 9(7.3%) 9(5%)
   中止凍結胚 63(31.2%) 57(46.7%) 76(42.2%)
   採卵不可 34(16.8%) 48(26.4%) 33(18.3%)
       
新鮮胚移植 84周期 9周期 6周期
   妊娠反応陽性 7(8.3%) 2(22.2%) 2(33.3%)
   胎児心拍陽性 5(6.0%) 0(0%) 2(33.3%)
   生産 5(6.0%) 0(0%) 1(16.7%)
   妊娠中 1(16.7%)
       
凍結胚移植 64周期 78周期 77周期
   妊娠反応陽性 21(32.8%) 16(20.5%) 20(26.0%)
   胎児心拍陽性 15(23.4%) 14(18.0%) 19(24.7%)
   生産 15(23.4%) 3(3.8%) 8(10.3%)
   妊娠中 10(12.8%)

 

着床前診断・着床前スクリーニングについて

1) 着床前診断(preimplantation genetic diagnosis; PGD)

受精卵から一部を生検し、染色体・遺伝子解析を行う技術として、日本国内では、①重篤な遺伝性疾患、②均衡型染色体異常に起因する習慣流産のみが対象となっています。当施設は、認可施設として日本産科婦人科学会の承認が得られていますが、希望される場合は遺伝カウンセリング室へご相談ください。
藤田保健衛生大学病院 遺伝カウンセリング室
TEL: 0562-93-2111(遺伝カウンセリング室担当者まで)
http://info.fujita-hu.ac.jp/~genome/gc/Site_7/hajimeni.html

2) 着床前スクリーニング(preimplantation genetic screening; PGS)

全染色体を網羅的に検査し、異常胚を検査する技術ですが、これまで日本国内では認められてきませんでした。
平成29年より日本産科婦人科学会主導の特別臨床研究が開始され,当施設は解析チームとして参加していますが,PGSを希望される方は別機関での登録が必要となることをご了承ください。