love liberty psychiatry
診療案内ボタン アクセスボタン スタッフ紹介ボタン 特殊診療ボタン 入院診療 研究内容ボタン リンクボタン

当科への紹介につきまして

*当科への紹介の手順はこちらをごらんください。

*緊急で入院依頼をする場合は、精神科外来(0562-93-2170、平日9時〜17時、土曜9時〜12時)にご連絡ください。当日の外来・入院の混雑状況などにより、紹介医師のご希望に添えない場合もございますので、ご了承ください。

当科がとりくんでいる医療

一般精神科の他に下記の特殊診療にとりくんでいます。

*リエゾン精神医学
精神科以外の診療科で治療や手術を受けている患者さんのこころの問題に対して,早期発見や予防もふくめて精神科医がケアしていくリエゾン精神医学です。メンタルケアの重要度の高い病棟・外来で、一般科の身体治療を支える精神科の一部門です。精神科副科依頼のような診察という形ではなく、患者さんの心理・社会面・倫理面について、身体科の治療チームの一員として心理士・精神科医がチームを組んで参加しています。

くわしくはこちら

*睡眠外来
不眠症、睡眠時無呼吸症候群(特に他の精神疾患に伴うもの)、睡眠覚醒リズム障害(睡眠相後退症候群、非24時間睡眠覚醒症候群、交代勤務睡眠障害)、ナルコレプシー、その他の過眠症(特発性過眠症、反復性過眠症など)、睡眠時随伴症(レム睡眠行動障害、睡眠時遊行症など)、レストレスレッグ症候群、精神疾患に伴う睡眠障害(過眠を伴ううつ病など)、季節性感情障害、睡眠不足症候群など。
くわしくはこちら

*老年専門外来、ものわすれ外来
認知症性疾患(アルツハイマー病、レビー小体型認知症、血管性認知症、進行性核上性麻痺等)の疾患を有する患者さんの、プライマリ領域からセカンドオピニオン含め専門領域までをカバーします。
くわしくはこちら

* 修正型通電療法〔無けいれん性通電療法〕
手術室にて麻酔科医による麻酔薬投与と筋弛緩剤を用い、けいれんが起きないよう管理しながらの安全な通電療法(ECT)を行っております。適応疾患であれば、通常、精神症状あるいは神経症候の劇的改善がみとめられます。ECT入院希望の旨を記載の上、外来にご紹介ください。通常1〜2ヶ月お待ちいただくことになります。
くわしくはこちら

 

ダウンロードコーナー(2008/9/25)

PDF書類をダウンロードできるようにいたしました。ご利用ください。

*抗精神病薬の投与について (PDF書類)2008/9/25追加

*睡眠、覚醒リズム表 (PDF書類)2008/9/25追加

*睡眠、覚醒リズム表説明 (PDF書類)2008/9/25追加




2006 Fujita Health University Department of Psychiatry All right reserved.