藤田保健衛生大学医学部精神科タイトル
サイトマップボタン お問い合わせはこちらボタン
研究内容タイトル
診療案内ボタン アクセスボタン スタッフ紹介ボタン 特殊診療ボタン 入院診療 研究内容ボタン リンクボタン
研究内容 精神遺伝学チーム (Psychiatric Genetics Team

当チームは岩田教授の下、池田講師、近藤助教、齋藤助教をスタッフに、大学院生2名、研究補助員4名が所属しています。  

主な研究テーマは以下のとおりです。

1)精神疾患感受性(リスク)遺伝子の探索

 統合失調症、双極性障害などの精神疾患は、過去の疫学的研究から遺伝的要因がその発症に関与していると考えられており、疾患感受性遺伝子の探索が古くから行われてきました。とくに2003年のヒトゲノム計画の完了により、精神科遺伝学はそれまでの候補遺伝子研究(Candidate Gene Approach)から全ゲノム関連解析(Genome-Wide Association Study : GWAS)に軸足を移しており、数々の成果をあげております。
 当チームでは国内外の研究機関と連携し、GWASの手法を用いた日本人統合失調症の疾患感受性遺伝子を日本で初めて同定するなど、日本にとどまらず世界の研究チームと渡り合える成果を上げております。現在は次世代シーケンサーの導入により、「より稀でかつ、より疾患寄与率の高い」変異の同定に力を注いでいます。
 また、文部科学省の脳科学研究推進プログラム(通称:脳プロ)の拠点として選ばれており、日本人双極性障害GWASを実施し、本年にはその結果を発表する予定であります。

2)うつ病における遺伝環境相互作用の解析  

うつ病は有病率・自殺率の高さ、社会的損失の大きさから近年もっとも注目されている精神疾患の1つです。過去の研究から、うつ病の発症には遺伝要因とストレスなどの環境要因が相互に影響を与えていることが示されていますが、確定的な報告はまだありません。
 当チームでは上記の脳プロの拠点として、職場におけるストレスや、日常に起こるストレスなどのチェックをしながら(環境要因の計測)、前述の全ゲノム関連研究を同時に行うことで、遺伝環境相互作用を同定することを目指しています。

3)精神科疾患において使用される薬剤に対する薬理遺伝学的研究

 精神科疾患の治療の1つに薬物療法があります。薬物は適切に使用すれば病気で苦しむ方の症状を軽くし、再発を予防することによって生活を支えることができます。しかし、数多くある薬剤の中には、重要な役割を果たすにもかかわらず重篤な副作用を持つものもあります。
 当チームでは、遺伝学的な視点から、向精神薬の効果・副作用を規定する遺伝子多型の探索を行っております。将来的には、遺伝子検査によって、1人1人に適切な医療を行う「オーダーメイド医療」の実現を目指しております。  

以上様々な観点から精神科疾患における遺伝的要因の探索を行うことにより、その病態生理や発症要因の解明に寄与し、「より良い」医療の実現に向けて研究を行っております。

 

2006 Fujita Health University Department of Psychiatry All right reserved. since2006/10/4