臨床心理士についてlove liberty psychiatry
診療案内ボタン アクセスボタン スタッフ紹介ボタン 特殊診療ボタン 入院診療 研究内容ボタン リンクボタン

臨床心理士は、病院を訪れる患者さまやそのご家族に対して、心理学の知識や技術を用いてこころの側面から患者さまのケアに取り組んでいます。また、医療チームの中で個人のプライバシーを配慮しながら、他の専門家と連携をとって心理的援助を行っています。現在、臨床心理士4名・心理士4名が在籍しています。
臨床心理士のしごと

*心理検査、精神症状評価

*心理療法

* リエゾン活動など精神症状評価に関してはPANSS、BPRS、HAM‐D、PDSSなどを行っております。その結果は、外来や入院患者さまの診断や治療の一つの手がかりとなっています。症状の評価や心理検査を通して困っている問題点の所在を理解し、心理療法では心身の悩みを抱えているご本人が自ら問題を解決していけるように援助していきます。

心理依頼の流れ
当科では、いずれの心理的援助も主治医の依頼や指示に基づいて行います。時折、お電話でカウンセリングだけ受けたいとの問い合わせを頂くことがありますが、心理士のカウンセリングだけを行うことはありません。まず当科担当医の診察を経て、必要と判断された場合に心理検査や心理療法を行います。



2006 Fujita Health University Department of Psychiatry All right reserved.