love liberty psychiatry
診療案内ボタン アクセスボタン スタッフ紹介ボタン 特殊診療ボタン 入院診療 研究内容ボタン リンクボタン

医師紹介 専門分野 担当表
外来医師担当表
診療表
スタッフイメージ スタッフイメージ

教授 岩田 仲生  

教授 内藤 宏 

教授 北島 剛司 

*准教授 池田 匡志

*准教授 岸 太郎  

*准教授 趙 岳人 

*講師 江崎 幸生 

*講師 大河内 智 

*講師 奥村 武則 

*講師 齊藤 竹生 

*講師 大矢 一登 

*助教 奥谷 理

*助教 佐久間 健二

*助教 小野 義明 

*助教 二宮 光平

*助教 谷口 賢

*助手 舟橋 孝太

*助手 竹内 正樹

*助手 藤田 明里

*助手 伊藤 健太

*大学院生 江口 慶 

*大学院生 青木 玲 

*大学院生 芦澤 琢磨

 

外来を担当(関連施設より来ていただいています。)

*客員講師 江﨑 悠一 

*客員講師 廣瀬 真里奈

*客員助教 山本 真太郎 

*客員助教 熊谷 怜子

 

「心理士」

*北島 智子

*奥谷美乃

*金原 舞

*福山 美矩

*山内 佳那子

 

「精神保健福祉士」

*後藤 崇仁

*友寄 真弓

「看護師」

看護長 小野 佳子

 

教授 岩田 仲生

・専門・実績
新進気鋭の精神科教授です。海外での研究の後、本学の教授になりました。その研究は世界的評価を受けています。また、臨床面でも精神科の新しい治療展開を考えられており、相談甲斐のある先生です。

・ワンポイントセールス
薬物治療から精神療法まで、様々な疾患への総合的治療に対応いたします。.精神医学一般、臨床精神薬理、気分障害の短期精神療法(認知行動療法、対人関係精神療法、短期力動的精神療法)、統合失調症の総合的治療・リハビリテーション、臨床遺伝医学

教授 内藤 宏 

・専門・実績
専門は精神医学一般。特に臨床精神薬理学、リエゾン精神医学、職場のメンタルヘルス、司法精神医学に関心をもっております。精神保健指定医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、臨床精神神経薬理学専門医・指導医、日本臨床精神薬理学会評議員、名古屋市精神医療審査会委員、名古屋地方検察庁嘱託鑑定医

リエゾン精神医学部門

・ワンポイントセールス
こころとからだを総合的にとらえ、初診時における診断に特に注意を払っております。毎日の生活が楽しくなることを最初の治療目標に設定し、患者さまやご家族との共同作業の中での実践しております。

・推薦の言葉
患者さまの「こころ」を真の意味で暖かく受け止めると同時に、適切な診断・治療を明確に実践されています。本当に信頼できる精神科医中の精神科医です。

教授 北島 剛司
北島剛司紹介画像

・専門・実績
精神医療一般においては精神保健指定医の資格を持ち、大学病院の他単科精神病院、精神科クリニックに勤務の経験から総合的に患者さまの診療にあたっています。専門としては日本睡眠学会認定医の資格を持ち、平成13年より睡眠障害の専門治療を開始し、平成16年より正式に専門外来を標榜して院内外と連携しながら幅広く様々な睡眠障害の患者さまの診断・治療を行っています。研究として精神疾患の分子遺伝学的研究を臨床との連携を図りながら行っています。

*睡眠障害

・ワンポイントセールス
特別なものはありませんが、患者さま本位の診療を良心的に行うことを旨としております。精神疾患であるからこそ患者さまが納得できかつ楽になれるように治療を進めますが、必要なときには厳しいことを直言しあるいは長時間かけての説得も厭わないスタイルを持ち続けたいと考えています。


今後も一層、幅広く精神疾患の患者さまのニーズに応えられるよう努力してゆく所存です。また、大学病院精神科としては東海地方で唯一の睡眠障害専門外来を担うものとして、地域からの要請に応えかつ研究や診療技術の向上を目指す体制を整えてゆきたいと考えています。


睡眠障害では近隣で最も多くの症例を診ています。当院での睡眠外来の中核で奮闘される一方で、どのような疾患に対しても常に熱意をもって対峙しておられます。

准教授 岸 太郎
岸太郎

・専門・実績
精神医学一般 臨床精神薬理学 分子遺伝学 総合病院精神医学

・ワンポイントセールス
臨床精神薬理学の研究のため、ニューヨークにあるThe Zucker Hillside Hospitalに、2年間留学して参りました。最新の臨床精神薬理学の研究結果を日々の臨床に生かしつつ、患者さんと一緒に診療していきたいと思います。

講師 江崎 幸生
江崎幸生イメージ

 

・専門・実績
精神保健指定医 精神療法・精神医学一般

・ワンポイントセールス
ひとりひとりの患者さんの問題を適切に捉え、より良い生活が送っていただけるような治療を心がけます。

ページトップに戻る




2006 Fujita Health University Department of Psychiatry All right reserved.