睡眠外来love liberty psychiatry
診療案内ボタン アクセスボタン スタッフ紹介ボタン 特殊診療ボタン 入院診療 研究内容ボタン リンクボタン

特色

• あらゆる睡眠障害の診療を行っています。

• 睡眠覚醒リズム睡眠障害の診療に積極的に取り組んでおり、睡眠リズム調整を目的とした入院治療も行っています。(注1)

• 過眠症(ナルコレプシーを含む)、レム睡眠行動障害、むずむず脚症候群なども対応しています。

• 精神疾患を伴う睡眠障害にも対応いたします。

• 必要に応じて、呼吸器内科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科などとも協力しながら専門的な医療を提供しています。

 

注1:入院治療の適応は、担当医が診察の上、総合的に判断します。

対象となる主な症状

• 夜なかなか寝つけない

• 朝起きられない

• 夜中に何度も目が覚める

• 睡眠リズムが一定しない

• 昼夜逆転になっている

• 眠ってもすっきりしない

• 日中ひどく眠たくなる

• 大きないびきをかく

• 居眠りをしてしまう

• 無呼吸を指摘される

• 寝言を言う、寝ている間に大きな声でさけぶ

• 寝ぼけておかしな行動をする、歩き回る

• 夜になると脚がむずむずして動かさずにはいられない

主な対象疾患

• 睡眠覚醒リズム障害

• 睡眠時無呼吸症候群

• 不眠症 • ナルコレプシー

• 特発性過眠症

• 反復性過眠症

• 睡眠不足症候群

• むずむず脚症候群

• 周期性四肢運動障害

• レム睡眠行動障害

• 睡眠時遊行症

• 精神疾患に伴う睡眠障害

• 季節性うつ病   

睡眠障害セルフチェック

睡眠医療プラットフォーム

睡眠健康度の診断サイトです。睡眠習慣・睡眠状態に関する幾つかの質問に答えていただくことで、睡眠障害の有無について簡易判定します。開発は睡眠医療に関わる全国の多施設共同研究にて行われ、当科も作成に参加しました。

この診療のかかりかた

水曜日、金曜日に診療を行っています。

• はじめて受診される患者様は、病院の初診受付をした後、精神科外来受付へお越し下さい。くわしくはこちら

• 精神科外来受付で、睡眠外来をご希望の旨、スタッフにお申し出ください。なお、患者さまが睡眠外来をご希望される場合でも、病歴・病状等に応じて精神科一般外来にて診察を受けていただくことがあります。

• その他、精神科一般外来の患者さまと同様になります。 くわしくはこちら(「初診の患者様へご理解いただきたいこと」をご覧ください)

施設

• 睡眠ポリグラフ検査(PSG)

• 睡眠潜時反復検査(MSLT)

• 覚醒維持検査(MWT)

• 簡易睡眠ポリグラフ検査

睡眠日誌(社会行動リズム表)
 書き方の説明
 記入用紙

• アクチグラフ

• 高照度光療法器

• 脳波検査

• 頭部MRI検査

• 脳血流シンチ

診療実績(平成25年度)

• 新患(睡眠外来) 168名

• PSG       121件(病院全体690件)

• MSLT/MWT   14/15 件

• 睡眠覚醒リズム障害の入院治療  8名

担当者

担当 北島剛司、* 土屋晶子、* 江崎悠一

* 日本睡眠学会認定医

研究へのご協力のお願い

研究へのご協力のお願い 睡眠外来では、より良い医療を提供するため、また、医学の発展に貢献するために、さまざまな臨床研究にも取り組んでおり、受診された患者さまに協力をお願いすることがあります。

現在、患者様が過去に受診された際の診療録および睡眠検査データを基に下記の研究を実施しております。詳しくお知りになりたい方は、研究課題名の下のリンクをご参照下さい。

・ 研究課題「過眠患者における周期性四肢運動の変動性についての研究」
 研究の内容  (pdf書類)
 調査除外申出書
  (pdf書類)

・研究課題「過眠患者における入眠時睡眠ステージ進行パターン研究」  
 研究の内容 (pdf書類)  
 調査除外申出書 (pdf書類)

・研究課題「概日リズム睡眠・覚醒障害の治療成績に関する検討」
 研究の内容 (pdf書類)
 調査除外申出書 (pdf書類)




2006 Fujita Health University Department of Psychiatry All right reserved.