特殊診療につきましてlove liberty psychiatry
診療案内ボタン アクセスボタン スタッフ紹介ボタン 特殊診療ボタン 入院診療 研究内容ボタン リンクボタン

精神科一般とは別に疾患にあわせた診療を実施しています。

リエゾン

精神科以外の診療科で治療や手術を受けている患者さんのこころの問題に対して,早期発見や予防もふくめて精神科医がケアしていくことをリエゾン精神医学といいます。担当内藤教授   くわしくはこちら

 

睡眠外来

東海地区では数少ない精神科による睡眠外来です。精神疾患を伴う睡眠障害もふくめ、あらゆる睡眠障害の診療を行っています。特に睡眠覚醒リズム障害の診療に積極的に取り組んでおり、睡眠リズム調整のための入院治療も行っています。過眠症(ナルコレプシーを含む)、レム睡眠行動障害、むずむず脚症候群なども対応しています。3名の日本睡眠学会認定医が担当し、また必要に応じ、呼吸器内科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科などとも協力し、専門的な医療を提供しています。   担当 北島剛司土屋晶子江崎悠一  くわしくはこちら

ものわすれ外来(認知症疾患・老年専門外来)]
痴呆性変性疾患(アルツハイマー病、瀰漫性レビー小体病、脳血管性認知症、進行性核上性麻痺等)の疾患を有する患者さんの、プライマリ領域からセカンドオピニオン含め専門領域までをカバーします。担当柴山漠人 くわしくはこちら
修正型通電療法〔無けいれん性通電療法〕

手術室にて麻酔科医による麻酔薬投与と筋弛緩剤を用い、けいれんが起きないよう管理しながら安全な通電療法を行っております。適応疾患であれば、通常、精神症状あるいは神経症候の劇的改善がみとめられます。この治療は入院していただく必要があります。

適応症  大うつ病性障害、短期精神病性障害、統合失調症(特に、昏迷・亜昏迷状態、緊張病状態にあるもの。) パーキンソン症候群(精神症状を呈している症例、ON-OFF現象出現例、薬療法が困難な症例。)レビー小体型認知症(幻覚・妄想等痴呆周辺症状及びパーキンソン症状に対して。)、疼痛性障害 

くわしくはこちら

 

ショートケア

心の病があるために外出することや人とのコミュニケーションが困難になってしまった方の社会復帰を助ける活動として、週2日(木曜・金曜)午前にショートケアというグループセラピーを行っています。担当江崎幸生 くわしくはこちら




2006 Fujita Health University Department of Psychiatry All right reserved.