研究トピックス 

 

 2015年10月3日、4日に開催されました第31回東海北陸理学療法学術大会にて、当院の大迫春輝が大会奨励賞を受賞いたしました。

タイトル:脳卒中片麻痺患者に対するAS投与終了後の筋力増強保持効果の検討

内容:脳卒中片麻痺患者に対してAnabolic Steroid (AS)投与は筋力を有意に増強させるが、AS投与終了後の筋力の変化についての報告は見られない。今回我々はAS投与終了後の筋力の変化に着目し検討を行った。
 ASは脳卒中片麻痺患者において、筋への力学的ストレスによる筋力増強効果を高める作用を持つことが先行研究で報告されている。今回、AS投与終了後の筋力の推移を観察したところ、有意差を認めないものの筋力変化率は増加していた。これはAS投与終了後も通常の訓練負荷を与えることで筋力を保持または強化させることが出来ると考えられた。

 

 

                         写真左から2番目がPT 大迫

                                 

 

 

                                  <2016.12.4>