七栗病院長からのメッセージ - 平成17年度には

園田 茂 

平成17年度の私たちの計画をお示しします。機能整備工事(緩和ケアコミュニティードーム改装、リハビリテーション訓練室を含む新増築棟)に関する学園内部での最終決済もおりましたので、後は実行するのみです。工事完成は平成17年12月を予定しています。

七栗サナトリウムの特徴を形作っている緩和ケア、リハビリテーションのさらなる強化に着手します。

緩和ケア病棟は平成9年以来の経験と新たなNST(栄養サポートチーム)に加え、患者さま、ご家族にくつろいで頂くコミュニティドームを病棟隣に出現させます。

回復期リハビリテーション病棟に比べ、整備が遅れ気味であった一般病棟、療養型病棟用の訓練室を新設します(現駐車場部分を充て、本館5階と接続します)。

工事でハードを整えるだけではありません。医療内容の担保として平成17年3月に病院機能評価付加機能リハビリテーション受審に続き、平成17年度末に病院機能評価付加機能緩和ケア受審を目指しています。

病院全体としては安全管理をさらに重視していきたく考えています。

これまでのメッセージ 2003.4と2003.5 2003.10 2004.1 七栗研所長2004.4 2004.4 2004.12 
2004.6 

2005.3.7 Sonoda S