園田 茂

病院長略歴

病院理念・基本方針

七栗病院長からのメッセージ - 平成18年夏

梅雨が長引いて、すっきりしない天気が続いています。

医療・介護の施策の転換点、平成18年4月を過ぎ、藤田保健衛生大学七栗サナトリウムはどのように進めば皆様に貢献出来るか、いろいろと思案しています。

急性期医療から回復期リハビリテーションへと繋がる流れ、がん医療の中で緩和ケアをきちんと行うべきであるとの厚生労働省からの示唆を先取りした形で当院は運営されています。

病院の質を担保する病院機能評価では、一般、付加機能リハビリテーションの認定に続き、付加機能緩和ケアの認定も得ることが出来ました。さらに栄養サポートチーム専門療法士教育施設ともなっておりますので、これら専門医療を学びたい医療職の皆様のお役にも立てればと考えております。

平成17年度に増築・改築工事を行ったリハビリテーション訓練室(回復期リハビリテーション病棟患者さま以外のための訓練室)、緩和ケアコミュニティードームも活用して、我々の得意な医療分野での質を高めていきたいと思います。

今後とも七栗サナトリウムをよろしくお願い申し上げます。

これまでのメッセージ
2003.4と2003.5 2003.10 2004.1 七栗研所長2004.4 2004.4 2004.6 2004.12 2005.3 2005.10 2006.1 
2006.7.25 Sonoda S (略歴追加・レイアウト変更2006.11.16)