園田 茂

病院長略歴

病院理念・基本方針

七栗病院長からのメッセージ - 平成19年1月

新年明けましておめでとうございます。今年が皆様にとって良い年となりますことを願っております。

平成18年から19年にむけて医療システムの歪みが明確になってきています。医療提供側では、医師配置の問題がクローズアップされ、七栗のある三重県でも産婦人科などの医師不足・その対応が全国の話題となりました。

医療を受ける立場からは、医療の質を問う声が高まっています。

この両者の行き着く先は、どこでも、どのような病気にも対応する時代から、専門性を重視する時代への転換なのだと思います。

七栗サナトリウムでは、3つの病院機能評価認定(一般、リハビリテーション、緩和ケア)を受け、栄養サポートチーム専門療法士教育施設ともなっている立場を自覚し、患者の皆様、また専門性を身につけたい医療者の方々のお役に立ちたいと思っています。

地域の皆様への市民公開講座、七栗リハビリテーションセミナー、七栗緩和セミナーなどお伝えできる知識はなるべくたくさんお伝えしていくつもりです。在宅介護支援センター、デイ・ケアなどもご活用いただければ幸いです。

七栗サナトリウムの今年は、これからの医療・介護システムを先取りする大変革の準備期だと考えています。皆様の暖かいご支援をお願い申し上げます。

これまでのメッセージ
2003.4と2003.5 2003.10 2004.1 七栗研所長2004.4 2004.4 2004.6 2004.12 2005.3 2005.10 2006.1 2006.7 
2007.1.1 Sonoda S