平成22年9月

極端な季節が続き、9月になっても猛暑となっています。日本から中庸という言葉がなくなってしまったのでしょうか。

さて、私たちは病院機能評価の付加機能リハビリテーションの受審を問題なくクリアし、来年3月には付加機能緩和ケアを受審予定です。我々の緩和ケアの活躍を藤田保健衛生大学病院にも持ち込んで欲しいと頼まれ、東口教授の外科・緩和医療学は、七栗サナトリウムのみならず藤田保健衛生大学病院でも活動しはじめて半年になります。七栗文化の輸出です。

9月からは上部消化管外科の櫻井教授が勤務地を変更して七栗サナトリウムで活躍してくれます。

脳卒中医療連携のネットワークは山田赤十字病院とも繋がり、北勢から南勢までのほとんどの基幹病院と連携したことになります。大腿骨頚部骨折の医療連携パスも松阪中央総合病院に続き済生会松阪総合病院とも同じ仕組みで行うことになりました。今後とも県内の転院がスムーズになるよう心がけます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


sonoda 園田 茂 病院長略歴 病院理念・基本方針


これまでのメッセージ

2003.4と2003.5 2003.10 2004.1 七栗研所長 2004.4 2004.4 2004.6 

2004.12 2005.3 2005.10 2006.1 2006.7 2007.1 2007.4 2008.1

2009.1 2009.8 2010.1 七栗研所長最新

藤田かどうかのライン