以前のニュース・案内

1週前後でリハビリテーション科入院出来る状態です。発症早期からのご来院をお待ちしています<2004.12.4>
1.21の七栗リハビリテーションセミナーはご高名な久保田競先生の運動麻痺回復の脳内機構です。非常にわかりやすくかつ興味深いお話が伺えると思います。3.17は褥瘡学会の長である大浦先生の褥創です。ご期待下さい。<2004.11.7>
リハビリを学びたい医師を募っています。リハビリ豊かな環境はリハビリ医養成に最適です。来年度の締切は間近です。<2004.11.7>
11.2の七栗リハセミナーは富田先生のリハビリ工学で、電気刺激から転落防止のひもセンサーまで明快な話しを伺いました。
脳卒中の季節前で、エアポケットの時期のようです。リハビリテーション科入院まで、1週以内の場合もあります。来院をお待ちしています<2004.11.7>
リハビリテーション科への入院まで、全般に1-3週です。各病棟の退院男女比などで違いが出ています<2004.10.6>
永井講師が第12回総合リハビリテーション賞受賞 <2004.10.5>
リハビリを学びたい医師の皆様に門戸を開いています。まずは実際の医療を七栗でご覧下さい。藤田保健衛生大学の教員としての就職となりますので、10月には意思表示して頂くのが望ましいです。<2004.9.22>
9.17の七栗リハセミナーは車椅子が舞台にずらっと並び、印象深く終了しました。今後のセミナーは11.2富田先生のリハビリ工学、1.21久保田先生の運動麻痺回復の脳内機構、3.17大浦先生の褥創と続きます。三重県文化センターでお待ちします<2004.9.20>
リハビリテーション科への入院まで、全般に1-2週です。特に回復期リハビリテーション病棟該当条件には発症3ヶ月以内に入院という項目がありますので申し込み時期にご配慮下さい。<2004.9.10>

七栗リハセミナー今後の七栗リハセミナーは、9.17山崎先生のシーティング、11.2富田先生のリハビリ工学、1.21久保田先生の運動麻痺回復の脳内機構、3.17大浦先生の褥創と続きます。山崎先生のみ松阪コミュニティー文化センターで、残りは三重県文化センターです<2004.8.3>

回復期リハビリテーション病棟3Fの待機が長め(2-3週)となっております。申し訳ありません。希望病棟をあまり限定しないほうが早く転院戴けます<2004.8.23>

七栗の夏祭りが行われました<2004.7.29>

回復期リハビリテーション病棟・一般病床の入院待機が病棟・男女の違いなどで1-2週間と浮動的です。病棟をあまり限定しない待機をして頂くと早く転院できます<2004.7.22>

7月16日の七栗リハセミナーは辻先生・田尻先生の熱演を戴き無事終了しました<2004.7.18>

七栗リハでの実習も含む医学生夏期リハセミナー(8.5-8.7)の締切が間近です。お問い合わせは米田 ( chikako@proof.ocn.ne.jp )まで

7月16日の七栗リハセミナーは辻先生・田尻先生の熱演を戴き無事終了しました<2004.7.18>

七栗リハセミナーに久保田競先生がご登場の予定です<2004.7.14>

回復期リハビリテーション病棟の入院待機が1週間程度と縮まっております。七栗をご活用下さい。むしろ、一般病床はそれ以上お待たせする場合があります<2004.7.14>

9月17日の山崎先生の七栗リハセミナー開催場所が一部誤って記載されていました。正しくは、松阪コミュニティー文化センターです。慎んでお詫び申し上げます<2004.7.5>

5月の空撮写真で七栗をご紹介します<2004.6.30>

中勢地域リハ広域支援センター: 病院・施設リハビリ便利帳公開しました <2004.6.23>

病院機能評価認定を受けて、院長挨拶を更新しました<2004.6.23>

ご迷惑をおかけしている七栗へのリハビリ入院待機が状況(病棟・男女別)によっては短めとなってきました。1-3週間と思われます。<2004.6.23>
第28回七栗リハセミナー(平成16年度からは予約申込不要(直接来場下さい)です)がは5.14に宇野先生の講演が大盛況に終了し、今後は、緩和ケア(辻先生、田尻先生)、シーティング(山崎先生)、リハ工学(富田 豊先生)と続きます<2004.5.16>
七栗で実践している新しいリハ、FITプログラムの本が10.25に発売されました。<2003.10.29>
七栗へのリハビリ入院まで2-3週間かかっております。連休の影響が少し和らぎましたので徐々に待機期間は短くなると思われます。いずれにせよ申し訳ありません<2004.5.14>

GW seminar医学生ゴールデンウィークリハセミナーを七栗で開催しました<2004.4.29>

七栗へのリハビリ入院まで2-3週間とお待たせしてたいへん申し訳ありません。休日も訓練をしていますが入院は連休明けとなってしまうためご不便をおかけしています<2004.4.29>

七栗関連リンクを作りました<2004.4.7>

院長挨拶を更新しました<2004.4.7>

2004.4からのリハビリ科外来表を更新しました。<2004.3.30>

七栗へのリハビリ入院予約期間が2-3週間と長くたいへんご迷惑をおかけしています。約140床のリハビリ入院でフル回転しているのですが追いつきません。なるべく早い時期の入院相談をお願い申し上げます。<2004.3.30>

第6回三重県高次脳機能障害地域支援セミナー(2004.3.7)抄録集を掲載しました<2004.3.16>

七栗へのリハビリ入院予約から転院まで、男性および一般病床への入院の方が2-3週間と長めになっております。心苦しく思っています。<2004.2.28>

第28回七栗リハセミナーが7.16に緩和ケアとリハビリテーションの題で行われます。演者は静岡がんセンターの辻先生、田尻先生です<2004.2.28>(平成16年度からは予約申込不要(直接来場下さい)となります)
新研修医制度のプログラム、指導医名などを更新しました<2004.2.17>

2004年3月7日の第6回三重県高次脳機能機能障害地域支援セミナー、当院からも三重モデルの基幹病院として発表をします。

平成16年度初回の七栗リハビリセミナー、宇野 彰先生の演題が「失語症者と会話するために - 失語症とは? コミュニケーションのとり方、リハビリテーション」と決まりました<2004.2.13>
七栗へのリハビリ入院予約から転院まで、男性は2-3週間となっております。女性はもう少し短いです。お待たせしてしまうことお詫び申し上げます<2004.2.13>

今年度の七栗リハセミナーが終了しました。来期からは予約申込不要(直接来場下さい)となります<2004.1.30>

七栗へのリハビリ入院申込が急に増えました。入院予約から転院まで、どの病棟も2週間前後となっております。また病状、発症からの期間などによりご希望の病棟をご用意できない場合もありますことをご了承下さい<2004.1.24>

雪でした <2004.1.17>
七栗へのリハビリ転院まで、外来にいらしてから、どの病棟も1-2週間となっております。病状、発症からの期間などによりご希望の病棟をご用意できない場合もありますことをご了承下さい<2004.1.17>

入院を希望されるかたが急に増えました。1-2週間お待ち頂く状況です。ベッドをご用意できるよう最大限努力しておりますが、この転院依頼状態が続くと、2-3週間お待ち頂く事態になるかもしれません。<2004.1.11>

病院長挨拶を更新しました<2004.1.6>

2004年が始まりました。今年もチーム医療を今まで以上に充実させていきたいと思います。よろしくお願いします。<2004.1.5>

>>> 2003年のtop news <<<

>>> 2002年のtop news <<<

>>> 2001年までのtop news <<<
2005.1.19 SS