過去新着情報

2010-09年/2008-7年/2006年/2005年/2004年/2003年/2002年/2001年

2010

2011年度のリハII(七栗)のリハ医募集、4月からの勤務は助手としてのみまだ受付可能です。リハビリの研修目的、良環境でのリハ臨床・研究への転身など、中途での転勤にも適宜対応します。詳細はリハ医学II講座のホームページにて。連絡は園田(doctor.sonoda@nifty.ne.jp )まで<2010.12.31>

回復期リハビリ転院までお待ちいただく期間は病状にもよりますが1-2週です。一般・療養病棟への入院も1-3週程度です。<2010.12.4>

七栗リハビリテーションセミナーは次回、2011.1.7に廣瀬雄一先生(藤田保健衛生大学) 「脳腫瘍」のお話し、3.11に北出貴則先生「車いすシーティングの基本」となります<2010.11.10>

回復期リハビリ転院までお待ちいただく期間は病状にもよりますが男性で1-2週、女性で2-3週前後です。一般・療養病棟への入院は4週以上かかってしまいます。<2010.11.1>

七栗リハビリテーションセミナーは次回、2011.1.7に廣瀬雄一先生(藤田保健衛生大学) - 脳腫瘍のお話しとなります<2010.11.1>

FIT programのページを久しぶりに改定しました。文献一覧の更新、FIT関連の受賞報告などです。<2010.10.9>

入院のご希望と退院されるかたの数が拮抗しています。回復期リハビリ転院までお待ちいただく期間は病状にもよりますが男性で1-2週、女性で2-3週前後です。一般・療養病棟への入院は3-5週かかってしまいます。<2010.10.9>

リハ外来予定表を更新しました<2010.10.1>

七栗リハビリテーションセミナーは10.29に福永真哉先生(姫路獨協大学) - ディスアースリア(構音障害)関連のお話、2011.1.7に廣瀬雄一先生(藤田保健衛生大学) - 脳腫瘍のお話しとなります<2010.9.23>

秋風は吹かないものの9月に入り、やっとお待たせする期間が短めになってきました。回復期リハビリ転院までお待ちいただく期間は病状にもよりますが男性で1-2週、女性で2-3週前後です。一般・療養病棟への入院は2-4週と幅があります。<2010.9.3>

病院長からのメッセージを更新しました<2010.9.3>

2011年度のリハ医募集の時期になりました。リハII(七栗)に若干名就職できます。リハビリの研修、良環境でのリハ臨床・研究への従事、広く対応します。詳細はリハ医学II講座のホームページにて。連絡は園田(doctor.sonoda@nifty.ne.jp )まで<2010.9.3>

昨年度までの維持期リハビリテーションモデル事業脳卒中リハビリテーション機能連携事業として今年度も実質継続することになりました。<2010.8.27>

七栗リハビリテーションセミナーの次の予定は10.29に福永真哉先生(姫路獨協大学)です。構音障害関連のお話しを戴きます<2010.7.31>

今年は夏に近づいても転院のご依頼が減らない状況が続いています。回復期リハビリ転院までお待ちいただく期間は男性で2-3週、女性で4週前後となっています。一般・療養病棟への入院は緩和ケアとして入院希望の方と合わせての待機となりますので、入院までの目途がたたない(1ヶ月以上)状態が続いています。<2010.7.15>

七栗リハビリテーションセミナー、7.30に種村先生の講演(頭部外傷後の高次脳機能障害-注意・記憶・遂行機能-)を予定しています。続いては少し間が空きますが、10.29に福永真哉先生(姫路獨協大学)をお迎えして構音障害関連のお話しを戴きます<2010.7.2>

回復期リハビリ転院を予約されてからの待機期間は男性で1-2週、女性で3-4週となっています。一般・療養病棟への入院は緩和ケアとして入院希望の方と合わせての待機となりますので、入院までの目途がたたない(1ヶ月以上)状態が続いています。<2010.7.2>

再び回復期リハビリへの入院希望のお申し込みが多くなっています。予約をされましてから3-4週かかっております。一般・療養病棟へのご依頼は緩和ケア入院ともどもご依頼が多すぎて入院までの目途がたたない(1ヶ月以上)状態が続いています。お詫び申し上げると共に早めのご相談をお願いします。<2010.5.19>

リハビリ入院にお待ちいただいている人数は少なくなりつつあります。回復期リハ病棟入院まで状況にもよりますが2週前後です。一般・療養が大変混み合っておりまして、目途がたたない(1ヶ月以上)となってしまっています。お詫び申し上げると共に早めのご相談をお願いします。<2010.5.8>

リハ医、2010-11年度にも七栗に就職できます。リハビリの研修、良環境でのリハ臨床・研究への従事、広く対応します。詳細はリハ医学II講座のホームページにて。連絡は園田(doctor.sonoda@nifty.ne.jp )まで<2010.4.14>

七栗リハビリテーションセミナー、6.4に水落先生をお呼びしています。演題が痙縮の最新治療に変更となっております。実践に基づいたバクロフェン髄腔内注射などのお話しが聞けます。7.30には種村先生の高次脳機能障害の講演を予定しています。<2010.4.13>

リハビリ入院までの期間、回復期リハ病棟で2-3週、一般・療養の場合4週以上の目途となっております。お詫び申し上げると共に早めのご相談をお願いします。<2010.4.13>

リハ部門メンバーの集合写真掲載しました<2010.4.2>member

リハ外来予定表を更新しました<2010.3.30>

維持期リハビリテーションモデル事業のページを更新しました。<2010.3.11>

七栗リハビリテーションセミナーは、4.9に江田先生の「脳活動を見る」、5月に水落先生のリウマチ関連の話、7月に種村先生の高次脳機能障害と目白押しです。<2010.3.11>

リハビリ入院をお待ちいただく期間は多少短めになりつつありますが、それでもいずれの病棟でも3-4週かかりそうです。お詫び申し上げると共に早めのご相談をお願いします。<2010.3.10>

七栗リハビリテーションセミナーは、3.10の金城利雄先生の排尿障害とリハビリテーション看護に続き、4月に江田先生の脳機能、5月に水落先生、7月に種村先生の高次脳機能障害と目白押しです。<2010.2.27>

七栗リハビリテーションセミナーの次回は2.20に回復期リハビリテーション病棟連絡協議会会長の石川 誠先生のリハビリテーション医療の将来像、続いて看護に関するテーマで金城利雄先生の排尿障害とリハビリテーション看護を予定しています<2010.1.26>

七栗リハビリテーションセミナーの次回は2.20に回復期リハビリテーション病棟連絡協議会会長の石川 誠先生のリハビリテーション医療の将来像、続いて看護に関するテーマで金城利雄先生の講演を予定しています<2010.1.19>

病院長からのメッセージを更新しました<2010.1.1>

2009

回復期リハビリ病棟の入院を希望されるかたがここ1週間で急増しておりまして、大変申し訳ありませんが4週前後お待ちいただくことが予想されます。お早めのご相談をお願い申し上げます。<2009.12.15>

関 和則先生の七栗リハビリテーションセミナーは好評のうちに終了しました。次回は2.20に回復期リハビリテーション病棟連絡協議会会長の石川 誠先生のリハビリテーション医療の将来像、続いて看護に関するテーマで金城利雄先生の講演を予定しています<2009.10.20>

回復期リハビリ病棟の入院までは2週前後お待ちいただいております。男性のほうが多くお待ちいただく傾向にあります<2009.10.2>

七栗リハビリテーションセミナー、次回は関 和則先生の電気刺激を用いた機能訓練-functional electrical therapy-です。2.20には回復期リハビリテーション病棟連絡協議会会長の石川 誠先生がリハビリテーション医療の将来像をお話しされます<2009.10.2>

七栗リハビリテーションセミナー、9.11に小倉リハの小泉幸毅先生が盛会のうちに終了しました。次回は関 和則先生の電気刺激を用いた機能訓練-functional electrical therapy-です<2009.9.12>

医師の外来予定表を更新いたしました<2009.9.12>

ADL講習会(FIMを中心に)は9.12に終了しました。次回は2010.5月と9月の予定です<2009.9.12>

回復期リハビリ病棟の入院依頼が増えて参りました。回復期リハビリ病棟で2-4週前後お待ちいただく場合があります<2009.9.12>

維持期リハビリテーションモデル事業のページを更新しました。<2009.8.20>

七栗リハビリテーションセミナー、9.11に小倉リハの小泉幸毅先生による回復期と維持期リハをつなぐ実践的な話です<2009.7.13>

回復期リハビリ病棟、他の病棟とも、入院相談が増えて参りました。回復期リハビリ病棟で2週前後お待ちいただく場合があります<2009.9.2>

平成22年4月から勤務の療法士を募集しています。PT,OT,ST既卒歓迎です。9月初旬に採用試験を行います。藤田保健衛生大学としての募集になりますので、藤田保健衛生大学病院リハビリテーション部早川(0562-93-2155)までお問い合わせ下さい。<2009.8.20>

回復期リハビリ病棟に余裕が出てきそうな印象です。入院相談をお待ち申し上げます。<2009.8.5>

病院長からのメッセージを更新しました<2009.8.5>

リハ医、2010年度にも七栗に就職できます。リハビリの研修、良環境でのリハ臨床・研究への従事、広く対応します。詳細はリハ医学II講座のホームページにて。連絡は園田(doctor.sonoda@nifty.ne.jp )まで<2009.7.13>

ADL講習会(FIMを中心に)(9.12開催)の申込は8.1開始です<2009.7.13>

リハビリ目的の転院の際、回復期リハ病棟も、一般・療養病棟も2-3週お待ちいただいています。少し早めの入院相談お願い申し上げます。<2009.7.13>

回復期リハビリ病棟転院希望を変わらず多く頂いていて、お移りいただくまで2-3週を要しています。なるべく早くなるよう努力しております。<2009.6.20>

回復期リハビリ病棟転院を希望される男性が多く、2-3週お待たせしてしまう場合が出てきております。申し訳ありません。<2009.5.29>

七栗リハビリテーションセミナー、7.3に山口 淳先生(骨粗鬆症のリハビリテーション再考)です<2009.5.16>

ADL講習会(FIMを中心に)(5.23開催)における新型インフルエンザ対応を掲載しました<2009.5.16>

回復期リハビリ病棟転院までの期間は1-2週程度です<2009.5.16>

七栗リハビリテーションセミナー、4.24に野間知一先生(促通反復療法の実際)、次は山口 淳先生(骨粗鬆症のリハビリテーション再考)となります<2009.4.17>

医学生リハセミナーを4.29(祝)に行います。一日でリハビリを知る良いチャンスです。是非ご活用下さい<2009.4.17>

医師の外来予定表を更新いたしました<2009.4.15>

回復期リハビリ病棟転院までの期間が1-2週程度に短くなってきました。これまでご迷惑をおかけしたことをお詫びします<2009.4.15>

回復期リハビリの入院のご希望は男性が多く、3週間程度お待ちいただいています。女性は病棟により1-2週間です。回復期リハビリ病棟以外への入院待機が1-2ヶ月と長くおりますことお詫び申し上げます<2009.3.27>

リハ医の枠、七栗にあります。リハビリを学びたい若手のかたから、教員としてよい環境で臨床・研究に活躍したいかたまで、広く対応できます。詳細はリハビリテーション医学II講座のホームページにてご覧下さい。連絡は園田(doctor.sonoda@nifty.ne.jp )まで<2009.3.27>

七栗リハビリテーションセミナー、4.24に野間知一先生(促通反復療法の実際)です。奮ってご参加下さい<2009.3.21>

リハビリの入院をご希望いただくかたが非常に多数となっており、(回復期リハ病棟も一般病棟も)男女とも3-5週間お待ちいただく可能性があることを深くお詫び申し上げます。<2009.3.2>

回復期リハ病棟入院は現在も男性の転院希望が多数となっております。申し訳ありませんが、男性は2-3週間お待ちいただく可能性があります。<2009.2.22>

リハビリ入院を希望されるかたの増す状況はさらに強まっております。回復期リハビリ病棟、一般・療養病棟への入院待機とも4週以上となり目途がたたないくらいとなっております。努力を重ねておりますが、非常に長くお待たせしてしまっていること、申し訳ありません。<2009.2.12>

2009年度からリハ医として七栗で働きたい医師を募集しています。リハビリを学びたい若手のかたから、教員として臨床・研究に活躍したいかたまで、広く対応できます。詳細はリハビリテーション医学II講座のホームページにてご覧いただけます。連絡は園田(doctor.sonoda@nifty.ne.jp )まで<2009.1.31>

回復期リハ病棟入院は男性のご依頼が多く申し訳ありませんがお待ちいただく期間が場合によっては2-3週間となってしまっております。<2009.1.31>

回復期リハ病棟入院は1-2週間の待機期間を想定しています。<2009.1.23>

2009年度にリハ医として七栗で働きたい方を募集しています。詳細は園田(doctor.sonoda@nifty.ne.jp )まで

最善の努力を重ねておりますが、回復期リハビリ病棟への入院をお待ちいただく期間が4週前後の状態が続いております。お待ちいただいている皆様にお詫び申し上げます。<2009.1.19>

七栗リハビリテーションセミナー、3.18に村上 信先生(ソーシャルワークの価値と機能)です。奮ってご参加下さい<2009.1.11>

七栗リハビリテーションセミナー、2009.1.9の片田圭一先生の講演が盛会のうちに終了し、次回は3.18に村上 信先生(ケースワーク関連のお話しの予定)です。奮ってご参加下さい<2009.1.11>

維持期リハビリテーションモデル事業のページを更新しました。<2009.1.4>

リハ医学 II 講座のページをリニューアルしました<2009.1.3>

医師の外来予定表を更新いたしました<2009.1.2>

回復期リハ病棟入院を年越しでお待ちいただいた皆さま、申し訳ありませんでした。1.5以降、順次お入りいただきますので今しばらくお待ち下さい。その後は1-2週間の待機期間を想定しています。<2009.1.2>

七栗リハビリテーションセミナー、2009.1.9に片田圭一先生(糖尿病のリハビリテーション)、3.18に村上 信先生(ケースワーク関連のお話しの予定)となります。奮ってご参加下さい<2009.1.2>

病院長からのメッセージを更新しました<2009.1.2>