mark これまで発表された文献

永井将太, 園田 茂, 才藤栄一: the FIT program. 臨床リハビリテーション 10: 828-829, 2001

園田 茂, 才藤栄一, 永井将太, 川北美奈子: 理想的な回復期リハビリテーション病棟. 診断と治療 90 増刊号: 79-84, 2002

川北美奈子, 園田 茂, 永井将太: リハビリテーション医療におけるFITプログラムの成果. 看護技術 48: 1597-1601, 2002

園田 茂: 脳卒中リハビリテーション最新ガイドライン. 医学のあゆみ 203: 655-658, 2002

永井将太, 園田 茂, 才藤栄一, 奥山夕子, 長谷川昌士, 川北美奈子, 金田嘉清: The Full-time Integrated Treatment (FIT) Programの効果. 総合リハビリテーション 31: 175-183, 2003

才藤栄一・他: FITプログラム - 統合的高密度リハビリ病棟実現に向けて - , 医学書院, 東京, 2003

Sonoda S, Saitoh E, Nagai S, Kawakita M, Kanada Y: The Full-time Integrated Treatment (FIT) program, a new system for stroke rehabilitation in Japan: Comparison with conventional rehabilitation. Am J Phys Med Rehabil 83: 88-93, 2004

Sonoda S, Saitoh E, Nagai S, Okuyama Y, Suzuki T, Suzuki M: Stroke outcome prediction using reciprocal number of initial activities of daily living status. J Stroke Cerebrovasc Dis 14: 8-11, 2005

森 美香, 永井将太, 園田 茂, 青木哲也, 川北美奈子, 才藤栄一: The Full-time Integrated Treatment (FIT) programの効果 - 運動機能とADLについて. 総合リハビリテーション 33: 257-263, 2005

園田 茂, 永井将太, 才藤栄一: 回復期リハビリテーション病棟の着目点と課題. リハビリテーション医学 42: 614-617, 2005

園田 茂: 高密度・高強度リハビリテーション: いかに行うか. リハビリテーション医学 43: 739-742, 2006

岡本さやか, 園田 茂, 才藤栄一: 脳卒中リハビリテーションの治療システム - stroke unit, FIT program -. 総合リハビリテーション 35: 1251-1256, 2007

園田 茂: 質的向上のために回復期リハビリテーション病棟はどう変わるべきか. 地域リハビリテーション 3: 944-946, 2008

和田陽介, 園田 茂, 永井将太, 國分実伸, 奥山夕子, 川北美奈子, 寺西利生, 近藤和泉: FIT programを受けた脳卒中患者の退院後調査 - FIM質問し(Flow-FIM)を用いて. 脳卒中 32: 138-145, 2010

奥山夕子, 園田 茂, 永井将太, 谷野元一, 登立奈美, 坂本利恵, 矢箆原弥生, 菊池麻里, 川原由紀奈: 脳卒中患者に対するFIT (Full-time integrated treatment)プログラムの現状分析 - 2005年度での検討 -. 理学療法科学 25: 275-280, 2010

園田 茂: 訓練量の帰結への影響. リハビリテーション医学 47: 347-349, 2010

園田 茂: 脳卒中回復期リハビリテーション. Medical Practice 27: 1717-1720, 2010

登立奈美, 園田 茂, 奥山夕子, 川原由紀奈, 渡邉 誠, 寺西利生, 坂本利恵: 回復期脳卒中患者における訓練単位数増加と運動麻痺改善との関係. 脳卒中 32: 340-345, 2010

2010.10.9 Shigeru S