mark 2000年という節目に七栗記念病院(旧七栗サナトリウム)では、さらなる発展のためにリハビリテーション棟を建設しました。このリハビリテーション棟2階病棟では、画期的なリハシステムThe FIT (Full-time Integrated Treatment) programが実践されています。FIT programは我国で初の「統合的高密度リハ病棟」を実現するシステムです。

fit

mark なぜ 今 FIT programなのか

fit現在の日本の年間死亡者数は約100万人ですが、2036年には約180万人と増加し、障害者も年間400万人を越すと推計され、まさに、多死の時代、超高齢化社会を迎えようとしています。そして、この激増する障害者に対し、現状のリハ医療では対応が極めて困難と思われます。そこで、我々は毎日、綿密かつ徹底的にリハを行うことにより最高の到達レベルと早期社会復帰を図る切り札、FIT programを提案しました。

2010.10.9 Shigeru S