5.生活期(在宅生活)との連携の強化・退院後フォローアップ

 

 情報伝達の工夫として、入院中のリハビリテーションの概要が簡易的にかつ工夫すべき点などが明確に記載できる「地域連携シート」を考案し利用しています。また生活期リハの療法士を招き、当院退院患者様の症例検討会を実施しています。生活期リハのスタッフとの連携を強化する事で、当院を退院された患者様が今後も安心して在宅生活を送れる事に繋がるものと確信しています。

 

 

 

2017.8.20