リハビリテーション部門の特色

 三重県で唯一のリハビリテーション医学講座を持つ大学病院として、最新の臨床はもちろん最先端の研究と教育を行っています。私たちが考案して、2000年にスタートしたリハビリテーションシステム「FIT program」が実践されています。このプログラムは、日本初の統合的高密度リハビリテーション病棟システムです。高濃度かつ精緻なリハビリテーション治療が自然に可能となるようデザインされたハードウエアとソフトウエアによって、患者さんのより良い機能回復と社会復帰を実現します。

当院リハビリの特色

1.充実したリハビリテーション医療者

 多くの専門スタッフが連携する事で、よりレベルの高いチーム医療を提供できます。

2.根拠のあるリハビリテーションの実施

 リハビリテーションの実施により、どのくらい効果があったかを検討しています。

3.リハビリテーションの研究と普及

 三重県下はもとより、日本のリハビリテーション技術・知識の向上に努めます。

4.常に新しい治療技術を提供

 最新のロボットを活用したリハビリテーションなどを実践できます。

5.生活期(在宅生活)との連携の強化・退院後フォローアップ

 入院中だけでなく、退院後の生活も見据えたリハビリを展開します。

スタッフ紹介

・リハビリテーション科医師 (リハビリテーション医学II)

園田 茂 教授

岡本さやか 准教授

岡崎英人 准教授(連携リハ医学)

水野志保 講師

舟橋怜佑 助教

渡邉克章 助教

竹尾淳美 助手

松原正典 助手

西井裕美 助手

牧野 稜 助手 

 

・理学療法士 48名

・作業療法士 40名

・言語聴覚士 21名

・医療ソーシャルワーカー   7名

・リハビリテーション工学士 1名

当院では、回復期セラピストマネージャーが2名、認定神経系理学療法士が3名、認定神経系作業療法士が1名、3学会合同呼吸療法認定士が3名在籍しており、より専門的かつ高度なリハビリテーションの提供に努めております。

 

連絡先:rehab7n@fujita-hu.ac.jp


<2019.4.10>

                                                                  

 

    

↑ PAGE TOP