脊椎・脊髄、股関節、膝関節、手の外科、リウマチ等の諸分野で、指折りの整形外科医をそろえて診療にあたります、藤田保健衛生大学整形外科です。

ご案内 ご案内

写真 藤田学園は、生化学者でもあった故藤田啓介先生が提唱した「独創一理」という建学の精神のもとに昭和39年に設立された学校法人です。

「独創一理」とは、自分自身の創造力で新しい時代を切り開いていく力を養うという考え方です。医療の現場では日々、多くの難問に直面しますが、それらに一つ一つ真摯に取り組み自分自身で解決を見いだすという平成の現在でも時空を超えて通用するコンセプトとして本学の隅々まで息づいています。

 医学部は昭和47年に開学されましたが、現在は、医療科学部(臨床検査学科、看護学科、放射線学科、リハビリテーション学科、臨床工学科、医療経営情報学科)および看護専門学校などと共に構成される総合医療系教育機関である藤田学園の中核となっております。既成概念にとらわれることなく、自由な発想に基づき、ハートのある医療人を育成することを旨としています。

 整形外科学教室は初代矢部裕教授により昭和47年に開講されました。その後、昭和61年には吉澤英造教授が第2代主任教授に就任致しました。平成14年4月からは山田治基が第3代主任教授として教室責任者となっております。

藤田保健衛生大学整形外科