脊椎・脊髄、股関節、膝関節、手の外科、リウマチ等の諸分野で、指折りの整形外科医をそろえて診療にあたります、藤田保健衛生大学整形外科です。

藤田保健衛生大学整形外科ご案内 ≫ 主任教授ご挨拶
ご案内 主任教授ご挨拶

主任教授 山田治基

 整形外科は骨折、手足の外傷、膝、肩、股関節などの関節の痛み、頸部痛や腰痛、脊椎の変形、四肢の腫瘍など骨・関節をはじめとする運動器の諸疾患を扱う臨床科です。 運動器とは聞き慣れない言葉ですが、自分の意志により体を自由に動かし、人間らしい生活をするために必要な体の器官(関節、骨、脊椎、筋肉、末梢神経など)をさします。

 整形外科はその疾患対象が頸から下の体全体にわたるため、現在では高度に細分化、専門化されています。 私どもの藤田保健衛生大学病院整形外科では、患者様のご要望に応えるため、脊椎・脊髄、膝関節、股関節、手の外科、骨・軟部腫瘍、リウマチ、骨粗鬆などの諸分野で、本邦でも指折りの整形外科医をそろえて、診療にあたっております。

 とかく大学病院の専門家医師は冷たいという印象を持たれるかもしれませんが、当科はその道の専門家が個々の患者様の病状にあわせて、気軽に実際の診療を担当してくれる診療科を目指しております。 また、運動器疾患は加齢に伴うものが多く、高齢の患者様が多くおられます。当然、狭心症や心筋梗塞などの循環器疾患、糖尿病、脳血管障害、呼吸器疾患などを合併されている方が多くおられます。

 当科は、私学の大学病院であり各診療科間の協力体制が緊密に構築されております。この特色を生かし、他の医療機関では手術が困難な合併症のある患者様に対しても十分な術前検査、他の診療科への相談を経て積極的に治療に取り組んでおります。

 大学医学部の整形外科としては、次世代の整形外科医の教育も重要な使命です。高齢化していく我が国では運動器疾患の患者数は急増しております。 代表的な加齢に伴う疾患である変形性関節症は定義にもよりますが、現在1000万人を越える国民が罹患していると考えられており、将来の要介護者を生む大きな原因疾患とされています。 その対処は医療経済的にも整形外科医に科せられた大きな課題です。

 当教室では、徹底した現場教育主義を是とし、急性および慢性疾患をはじめとする巾広い整形外科分野の疾患に的確に対処できるハートのある若手医師の育成を目指しております。 総合医療系教育機関のみで可能な、看護、放射線、臨床検査、リハビリテーションをはじめとする医療の全分野の協力を得ることによって、かたよることのない患者様中心の視野を持った医師を養成していくことを目標としております。